ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4月10日、本日も無料カウンセリングと、チャリティーカウンセリングの実施を致しました。
本日も4名の方にお越し頂きました。
ご参加者の一部の方から、ブログでの紹介は控えて欲しいとご依頼がありましたので、本日は概要だけのお話をさせて頂きます。

本日の話題の共通点は決断でした。

例えば、

Aさんは今後の仕事の選択を考えた時に、2つの方向性があると自覚していました。
ただ、どちらかを選ばなければならないが、選べきれないことが悩みでした。

転職を考える方は、このような悩みをお持ちになることが多いです。


自分のやりたいことがあるが、その知識がない。

知識を習得する為に、現在の仕事を辞めなければならない。

でも、仕事を辞めれば収入が無くなる…

ここで、現在の仕事を選んで勉強を諦めるか、収入がなくなることを覚悟で、勉強に専念するのかどちらかを選ぼうとします。

これは、非常に難しい決断ですね。

このような場合、私は両方実現する方法が無いのかをお聞きします。

例えば

知識を習得するのに、仕事をしながら資格を取得する道は無いのか?

資格がなくても、アルバイトや、契約社員という雇用形態でその業界に入り、働きながら知識を習得し、資格を取得することは出来ないのか?

その知識と資格を習得する為に必要なお金を溜めて、生活に困らないような体制をとってから、勉強を始めることは出来ないのか?

など、現在の生活を維持しながら、将来進みたい方向に向かって準備をしたり、経験を積む方法は無いのかを一緒に考えます。

このようなお話をすると、殆どの方が何かしら両立する情報をご自身でお持ちですが、そのことは不可能な事だと思い、選択肢から外しています。

または、自分の経験や知識を基準に決断をしようと試みるのですが、選択する為の情報収集が足りない事で決断できない事もあります。

何でも、白か黒かを選ぶのではなく、両方取る事も考えてよいのではないでしょうか?

自分で考えると、白か黒のどちらかを選ばないといけないという考えしか出てこないことがあります。

しかし、私達キャリア・カウンセラーを交えながらゆっくり話をすることで、自分の現状や今後の課題や取り組みなどが客観的に整理することができます。

その結果として、無理に今決断しなくても良いという答えを出す方もいらっしゃいます。

即、白か黒かを決めなくても、状況を見てから決断するという選択肢も存在します。

あなたの状況はいかがでしょうか?

即決が必要でしょうか?

両方の選択が可能なのではないでしょうか?

ご興味のある方は、一度ご相談にお越し下さい。

それから、4月10日チャリティー・カウンセリングの様子の一部がRKBの今日感テレビで放映されることになりました。

弊社の小さな事務所やカウンセリングの模様もちょっとだけ、ご紹介していただきます。

放映予定は4月12日(火)15:00頃だそうです。

ご興味のある方は、こちらも是非ご覧下さい。

それでは、また来週
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/9-55598bf8

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。