ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は学生のカウンセリングが多く、就職状況の報告を沢山聞きました。

着実に志望の企業の試験を進み、最終面接まで行っている学生。

いくつかの会社にエントリーシートを送りながら、思うような結果が出ていない学生。

だま、就職活動が始められていない学生。

それぞれの状況報告を聞くことができましたが。

そんな報告の中で衝撃的な話を聞きました。

1ヶ月ほど学校にも来る気持ちになれず、誰にも会いたくないと思うほど、落ち込んでいたAさん

やっと私に話したいと思ってくれたらしく、連絡をしてきてくれました。

Aさんは、ある会社から「内定取り消し」があって落ち込んだそうです。

その会社はAさんが3年生のときから事務のアルバイトをしていたところでした。

経営者と知り合いだったこともあり、その企業に正社員で採用もありうるという話しで、アルバイトを始めたそうです。

アルバイトを始めた当初は、残業無し、土日祝日は休みという条件でした。

しかし今年の4月、Aさんが4年生に進級したタイミングで、

経営者から「Aさんに内定をだそうと思っているけど、今の状況ではビジネススキルが足りない。

もっと仕事に慣れるように今以上に仕事のボリュームを増やしたほうがいい。

また業務で使える資格を取得してスキルアップをして欲しい。

いくつか業務上で必要な資格取得研修の費用は会社で出すから勉強して。」と言われたそうです。

Aさんは「頑張ります」と回答し、仕事に取り組んだそうです。

でも、頑張ると言ってもまだ学生です。

いくら仕事をしながら教えてもらったとしても、業務上の経験や知識が無ければ対応できないことが多々あります。

また、学生のアルバイトですから勤務は、通常は週2日程度。勤務時間は3~4時間です。

長期休みの場合は、フルタイムで働くことがあっても、

やはり毎日仕事をしている方とは仕事覚え方には差が開きます。

でも、経営者は

「そんなことは関係ない。やる気の問題」として、

Aさんが経営者の思うような仕事の結果を出していないことに対して、スキル不足となじり始めたそうです。

その言葉を真摯に受け止め、Aさんは少しでもスキル不足を解消しようと仕事に取り組んだそうです。

例えば、

その日の仕事はその日に終わらせるように残業したり、

資格取得の研修に参加するため土日出勤をしたり…

更に社会人としてのヒューマンスキルも課題があると言われれば、

自らのスキルを高める自己啓発研修も参加するようにしたそうです。

ところが、残業しても残業代は出ない。

土日研修に参加しても、仕事ではないから時給は出ない。

研修の費用は会社負担といいながら、いくつかの研修費はAさんが自分で支払い会社から精算してもらえない…

Aさんなりに精一杯頑張っていても、経営者から全く成果がないと言われ、

精神的にも経済的にも追い込まれたような気持ちになったそうです。

また経営者から、日に日にAさんをなじる様な発言が増え、徐々にAさんは体調を崩していきました。

それでも頑張って仕事をしていたのですが、Aさんのスキルが経営者の意図するスキルと違っていたのでしょうね。

「内定取り消し」と言われたそうです。

Aさんなりに頑張っていても、経営者が言うように

本当に自分は駄目な人間なのかと考えると、とても虚しくなったそうです。

Aさんは決して無能ではないのに、力のある人が「無能」「役立たず」などの意欲をそぐような

発言をしていけば、だれだってやる気が無くなり、

本来しなくてもいいミスを多発し、益々いい結果が出なくなるものです。

これはAさんのスキル不足というより、Aさんと経営者の価値観の相違による悲劇としか思えません。

最近、経営者の意識も大きく変わり、会社の社風や一緒に働く仲間として合うか合わないか

という視点を含めた採用試験が増えてきています。

今回のケースのように、正式な入社試験もしていない状況で「内定」をチラつかせながら

学生に仕事をさせたり、どう考えても能力以上と思われるスキル取得を要求し、

スキル取得が出来ないとわかると、相手を無能呼ばわりして「内定取り消し」という…

このような経営者がいることは、とても残念でならないです。

でも、だからこそ就職を希望する皆さんは、自分自身で会社を見極める企業研究をして欲しいです。

希望する会社は自分の良さが発揮できる会社なのか?

経営者の人柄は自分と相性があうだろうか?

働いている人たちとは上手く付き合っていけるだろうか?

こんな要素だって、会社を選択する理由でいいんです。

若い方の多くは、

「安定性」

「仕事のやりがい」

「会社の知名度」

などで、会社を選ぶことが多いです。

でも、どんなに自分のやりたかった仕事で、その仕事にやりがいを感じ、

使命感を持って取り組んだとしても、経営者との相性で仕事の継続性は大きく変わってきます。

人の性格と、会社や仕事の特性には共通点があります。

この共通点を見つけるには、自分を把握するための自己分析と、

会社や仕事の内容を把握するための企業研究があります。

このことを疎かにする方が多いのですが、大事なことです。

自分と会社と向きあって、自分がいつも笑顔で入れる会社を探してみましょう。

自分で探すのが難しい方は、いつでもお手伝いいたします。

お気軽にお声を掛けてください。

info@jobstudy.jp

ブログランキングに参加しました。

宜しければポッチと一押し、応援してください。



それでは、また来週…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/77-6166322a

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。