ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週は新入社員の研修にお邪魔しながら、育成担当の社員さんと交流をする機会が多い1週間でした。

ご依頼先の企業で研修を行う際は、育成担当の方から育成に関わる様々な悩みのご相談を伺います。

今、育成担当の方々を悩ませているのが、新入社員の方の仕事への取り組み方や姿勢とのこと…

ある会社の育成担当の方は、凄腕の営業マンでした。

Aさんは他の社員が定められた仕事や既存のお客さまだけをお相手している状況で、一人お得意先からのご紹介で新規のお客さまを開拓したり、困難と思われるようなお客さまに対しても売り上げるなど、多くの実績を出してきた方です。

当然、その結果を得るために人の何倍も努力し何倍も工夫をして仕事に取り組んできています。

Aさんは良くこんな話をします。

「どうせ仕事をするなら、人よりも1つでも2つでも多くのことをしたほうが面白いし、やるからには結果を出したほうが分かり易いじゃないですか。
仕事は結果でしか評価されないから、結果を出さないとね…」

しかし、結果にこだわらない営業が多いと嘆きます。

「自分は言われた通りに説明したけど、お客さまは採用してくれなかった。」

「自分は頑張ってアポとったけど、お客さまは会ってくれなかった。」

このような報告を受けて、

「そうか、良くやったね。と言える訳がないでしょう。

お客さまが買いたい、会いたいと思えるような努力や工夫をどれだけしたのかと聞けば、何もしていない。

自分が良いと考えていても、相手が良いとは限らないし、断るには断るなりの理由があるはず。

例えば、新規のお客さまなら、うちの会社のことも分からないだろうし、自分が信用できるやつかどうかだって分からない。

だから、始めは当然断る。

じゃぁ、分かってもらおう!

自分が信用できる人間であることを理解してもらうまで、会いに行けばいいのに、それをしない。

どれだけ優秀な人でも、真面目な人でもお客さまに覚えていただき、声を掛けてもらい売り上げを上げることで初めて成果として評価される。

しかし、そのお客さまをどれだけ覚えたとか、何回通ったとか言うプロセスに自己満足し、営業の売り上げという結果にはこだわらない。

営業は会社の維持運営するお金を確保する大事な部署。
それが、売り上げという成果が得られなければ、会社存亡の危機で自分のお給料ももらえないことにもなりかねないのに…」

Aさんのお話を伺い、新人営業の方に話を聞いたところ、営業の仕事を良く理解していなかったようです。

売り上げを上げるのは会社がもうけたいだけで、自分の給与には関わらないから関係なって思っていたそうです。

会社そのものの維持に関わる事だとは思っていなかったそうです。


また、システム開発会社の育成担当Bさんはこのように言います。

「中途採用のCさんは作業効率がすごく悪いんです。

Cさん異業種からシステムエンジニアへの転職を希望し就職活動をしていました。

職業訓練にも参加し、様々な知識があるといっていました。

しかしCさんは2年近く就職活動をしていましたし、正社員で働いた経験も少ないので、仕事の仕方や知識にもズレがあり職場のペースについてこられていません。

しかも、自分の知識に自身があるようなので、こちらから依頼した内容と自分の知識とに相違があると、自分の知識を優先させます。

正直システムの世界は技術の進化が激しいので、2年前の知識では随分差がでます。

当然、他のものとの兼ね合いでやり直しをしてもらうことが多いので、人より作業時間がかかります。

納期は決まっているので、Cさんの責任で修正をしてもらうと、深夜まで作業が及びます。

そんな日が何日も続けば、寝不足になり昼間意識がもうろうとしているようです。

そんな状況で仕事すれば、ますますミスが続きやり直しが多くなる、悪循環に陥ってます。

正直Cさんが一日かけて行う仕事は、自分にしてみれば1時間もあれば終わる仕事の場合もあります。

どうしたら、Cさんの作業効率が高まるのか悩ましいです。」

このご相談を受けて、Cさんと私が話をしてみました。

Cさん曰く
「知識のが無いのは理解できているが、どんな勉強をしたらいいのか分からない。

また、先輩達は本当に忙しそうなので、聞き難い…」

BさんとCさんそれぞれ思うことはあっても、意志の疎通が図れていなかったようですね。

Aさんのケースにしても、Bさんのケースにしても、それぞれの思いや考えを方を育成対象者に話していないことが問題を難しくしています。

以前もブログで紹介しましたが、新人は新人なりに行動できない理由があり、育成担当は育成担当なりに叱る理由があります。

でも、お互いにそのことを相手に伝えない…

話をしなければ、思いは伝わらず益々問題を大きくします。

新入社員の皆さんは仕事が思うように成果が出なければ、まずは先輩に仕事の仕方を相談しましょう。
そして、アドバイスをされたことは素直に実行してみましょう。

育成担当の方も「見ていれば分かる」という考えではなく、「話しかけ易い状況」を作ってください。
また、自分が出来た事は他の人も出来るという発想も少し控えてください。

育成担当者が出来たからと言って、新人が出来るとは限りません。

まずは、新人の性格や能力を見極めて、その人にあったアドバイスや取り組み方法を指示してあげましょう。

そのためにも、まずは定期的なミーティング行い、お互いに不明点や問題解決ができるような時間を作ってみてはいかがでしょうか…

お互いを理解しあう事が、育成の近道なのかもしれませんね。


それでは、また来週…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/37-27fa0aac

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。