ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、大学の新学期が始まりました。

私は経済大学で経営シミュレーションという授業を担当しています。
対象は3,4年生。

授業は仮想の会社を学生に設立させ、事業の維持運営、組織編制、など会社に関わる一連の内容を講義ばかりではなく、学生自身にも考えてもらいます。

春期は会社の設立と組織編制までの内容を行いました。

秋期は履修者が変わることもあるので、春期に設立した会社の事業を引き継ぎ、更なる拡大を目指して新しいビジネスプランを考える授業を行おうと思っていました。

授業は1時限目 9:00~です。

時間通り来ていた学生は6人…

それから、9:05、9:10と時間が経つに連れて、1人、5人と参加者が増え、参加予定者全員が揃ったのは9:40頃…

授業の半分が終わる頃です。

これでは予定していた、授業内容も中々進みません…

学生曰く「1時限目がよくないんですよ。昼からにすれば大丈夫なのに…」

「じゃぁ、会社で働く時も昼から働くところしか行かないの?」

と、聞くと…

「そんな訳、ないじゃないですか。会社は朝から働きますよ。」



なぜ、学校生活で出来ていない事が、社会人になったら出来ると考えられるのか…

その根拠を聞くと

「今は出来ないけど、そのときになったら出来る。」

「やれる子だから、やる時はやるんです」

と彼らは言います。

だったら、今からしても良いように感じますが、今はその力を出す時では無いようです。


同様のことが再就職支援研修でも言えます。

4月からデザイン業界に再就職を希望する方々の、ビジネスマナーやコミュニケーション研修を担当しています。

20代後半から40代ぐらいの方もいらっしゃるのですが、9:00~の授業であるのに9:30、9:50に集まってきたり、午後から出てきたり…

彼らはどれだけ作品を多く作るのか、どれだけ専門知識を習得しているのかが重要で、その他のコミュニケーションや決まった時間に出てくることなど、あとでいくらでもカバーできると考えているようです。

しかし、企業側はどんなに優秀技術や専門知識があっても、日常生活が会社のリズムに会わない方は仕事を継続していく事が難しいと話します。

現にある企業の経営者の方は…

「当社では、部活をしていた人を優先的に採ります。

それは部活に参加していた人は仕事の取り係りがスムースだからです。

例えば、就業開始が8:30~であれば、8:10頃には会社に来て社内清掃や身の回りの準備などをして、8:25分には自分の机に座っていて欲しいです。

部活経験者は厳しい時間管理の意識が身についているのか、朝の活動に違和感無く取り掛かれます。

しかし、そうでない方は、8:28ごろに慌てて会社に来て、落ち着いて仕事に取り掛かれるのは8:50頃になります。

会社としてはこの時間の温度差が困ります。

どのように優秀な方でも、このリズムの違いは修正して欲しいので、指導するのですが中々改善できない方は、指摘されるのが嫌になるのかある時期になると、退職したいと言ってきます。」

少々厳しいように感じられる方もいらっしゃるかもしれませんが、経営者の方は、大なり小なり同様の事を考えていらっしゃいます。

朝、決められた時間に来る。

決められた期日までに、作業を終える。

時間管理とは、一番身近な小さな約束事です。

これが守られないという事は、その人の物事の取り組み方や人としてのあり方なども問われることになります。

時間感覚を養うのは個人差があります。

また、2,3日は出来ても、継続的に出来ない方もいらっしゃいます。

日々の生活の中で、繰り返し行ってこそ出来るようになるのではないでしょうか?

学校の授業などを通して、社会に出るまでにはしっかりと時間管理が行えるように取り組んでみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/36-779293cb

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。