ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
jobstude.jp~就職・仕事の学習塾~
塾長週記を開設いたしました!

人材教育会社 Campanulaで代表取締役をしております。
権堂 千栄実と申します。

私は現在、学校機関の非常勤講師や企業や官公庁機関でのセミナー講師、キャリア・カウンセラーとしての活動を行っています。

3年前の本日2008年2月26日に事務所開きをして、実質的な業務開始をしました。
3年という短い期間ですが人材教育事業を通して、多くの学生、新入社員、中堅社員、再就職希望者などの方々にお会いしてきました。

彼らは、「進路選択や職場での働き方を、もっと気軽に相談する場所があったらいいのに…」と言いました。
そう…、学習塾のような感覚で年齢や進路に応じた、進学、職業、職種選択、就職後の会社での働き方を教えて欲しいと考えていました。
私は是非その思いを叶えたいと思い、昨年2010年1月にJobstudy.jpというブランドを立ち上げました。

小学生に遊び感覚で職業の体験を実施したり、新人の営業担当者数名だけの営業力強化研修をしたり、リーダー向けの後輩指導のロールプレイングを行ったりと、自分たちの知りたいこと、体験したことだけにフォーカスした、体験型研修システムです。

Jobstudy.jpブランドは立ち上げて1年。
知名度もなくイベント実施は2回だけです。


小学校でのjobstudy.jp 職業体験


大学生企画運営セミナー支援


現在の私の活動は、研修、講義です。
研修は参加者の方にテーマを与えて自分で考えて実施(ロールプレイング)を行っていただき、その後上手く行ったか、課題点は何かを考えていただくスタイルです。

この研修を行うと、多くの方が

「こんなこと悩むの自分だけですかね…」
「他の会社の人たちって、こんなときどうするんですか…」
「先生、ブログで事例と対策紹介してくださいよ…」

というお話をよく伺います。

これまでは個別にお応えしてきたのですが、最近このようなご要望が本当に多いので、あまりまめな性格ではありませんが、教え子たちの後押しもありブログを開設することにいたしました。

タイトルの通り1週間の出来事を毎週日曜日にお伝えできたらと考えております。

気長にお付き合いいただければ幸いです。

また、仕事の性質上「守秘義務」があります。
私が関わっていることをお客様もオープンにしてくださっている場合や、ブログの掲載許可を頂いた場合は、お客様の実名を用いてご紹介させていただきますが、それ以外は全て仮名でのご紹介となりますので、この点も予めご了承頂ければ幸です。

今回は、初回でもあるので私が「キャリア・カウンセラーという仕事は世の中に必要だ」と実感した出来事をお話します。 ちょっと長文になるかも知れませんので、お時間のある時にご覧下さい。

2003年夏、その当時、私は若年者(概ね20歳~30歳中ごろ)25名の方に、3ヶ月間の職業訓練校としてパソコンの使い方をお教えしていました。

私はまだ、キャリア・カウンセラーなるための勉強をしている最中でした。

参加者の中にA子さんという20代前半の女性がいました。

彼女は遅刻の常連で、授業中もよく寝ていましたので、学習態度はお世辞にも褒められるものではありませんでした。

ある日、受講者全員に卒業の進路を聞く機会があり、A子さんとも面談をすることになりました。

彼女は進路については一切何も考えていないと言いました。
理由は事務の仕事も販売の仕事も興味がないとのこと…

そこでキャリア・カウンセラー勉強中だった私は、
進路選択の要素になる「好きなこと、得意なこと、興味のあること」の3つの質問をしてみました。

彼女は
好きなこと「ない」。

得意なこと「ない」。

と、まぁ予想通りの回答がかえってきました。

しかし、興味のあることは

「…」

と、しばらく考えこんでいました。

そして

「ウェディングドレス」

と、彼女がポツリと話しました。

私は言葉の意図が分からなかったので、すぐに「ウェディングドレスは、なんで興味があるの?もうすぐ結婚するから…?」

と尋ねてみると…

彼女は
「結婚はしませんよ(笑)、ウェディングドレスって見ているだけで幸せな気分になると思いません?
以前もイタリアに旅行した時、町の小さな教会で結婚式があってそれを見ていて、全然知らないかただったけど、一緒になってお祝いしてあげて、すごく幸せな気持ちなったんですよね…」

と、実に楽しそうに、旅行で体験した感想やウェディングに関する彼女の想いを話してくれました。

3ヶ月間、講義を通して彼女を見てきましたが、あんなにイキイキと楽しそうに話す彼女の顔をみたのは、その時が初めてでした。

彼女の熱い話を聞いて「本当にウェディングに興味があるんだね。ウェディングプランナーの仕事でもすれば、仕事も楽しいのかもね。」と本当に軽い気持ちで感想を話したところ、

「ウェディングプランナーってなんですか?」

と、本当に真剣な表情で彼女が聞き返してきました。

彼女はウェディングプランナーという仕事の存在を知らなかったようでした。

そこで、仕事の内容の説明、ウェディングプランナーになる為の様々な方法や資格の取得についてなどの話をしました。

あんなに、熱心にメモをとり、話を真剣に聞く彼女を見たことがありませんでした。

彼女は職業訓練が終わるのを待って、すぐにウェディングプランナー養成の専門学校に入学し、その後自分の働きたかったホテルでウェディングプランナーの仕事に就いたそうです。

彼女がウェディングプランナーの仕事に就いた時、私にメールを送ってくれました。

もう、古い話ですしメールも残っていませんが、忘れられない文章は

「先生に会って、ウェディングプランナーという仕事の存在を教えてもらったで、私の人生は大きく変わりました。本当にありがとうございました。」

このメールを見て、嬉しさと同時に恐ろしさを感じたことは、今も心に残っています。

「私の一言が人の人生の変えてしまう…」

キャリア・カウンセラーとは他人の人生を左右するだけの力がある、非常に責任の重い仕事であることを痛感しました。

反面、彼女のように自分の好きなことや、興味のあることが生かせる仕事の存在を知らず、仕事に就けず悩んでいる方が多いのも事実です。

仕事の選択方法はちょっとした知識と、ポイントが分かればもっと気楽に行うことが出来ると思います。

この点の話はまた次回にでもご紹介します。

世の中には、まだまだ知らない仕事が沢山あります。

例えば、仕事に就くプロセスや体験を小学生の頃から知っていれば子ども達の勉強も、もっと楽しくなるように思えてなりません。

進路選択や職業選択で悩み苦しむ方々は本当に沢山いらっしゃいます。

私はJobstudy.jpを通して、仕事と学習を結びつける活動をしていこうと思います。

どうかご興味のある方、ご賛同していただける皆さん、これから情報交換をしてください。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では、また来週…
スポンサーサイト

コメント

やっぱり好きなこと

こんにちは、ブログ開設おめでとうございます!
子育てをしながらも厳しい環境の中仕事を続けてこられたのは…やっぱり…「好きだから」なんですよね。。。
自分の好きな仕事につきながら生活できる事を、あらためて幸せに感じます。
さぁ  今日もがんばろう(^^)/

本当に…

いつも応援していただき、ありがとうございます。
今回このような素敵なブログを作成していただき、ありがとうございました。

どんな仕事にも厳しさや、辛さはありますよね。
それが乗り越えられる原動力って責任感や好きなことだからですよね。

勿論、家族の支えも必要ですけどね… (^_-)v

大好きな仕事が出来ている幸せを幹事ながら、明日も仕事を頑張ましょう~♪



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/3-212ff15e

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。