ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月2日~7月9日(補講日)までAくんという学生が学校を休んでいます。

理由は被災地でのボランティア活動に参加しているためです。

Aくんはどちらかというと、物静かな感じの男の子です。

彼なりの価値観があって、その思いの元に行動するタイプですが、その思いを表現する事はしません。

反面何かことがあってやらないといけないことがあると、すごい集中力でそのことを成し遂げる責任感の強さを持っていました。

そのAくんが被災地にボランティアに行くという話しを聞いて、驚きと同時に嬉しさがこみ上げてきました。

昨今、学生の多くは非常に無気力で何の為に学校に来て、何のために勉強しているのかが全く分からないといわれることがあります。

私の担当教科の生徒でも、たしかにそのような生徒も見受けられます。

しかしAくんの様に、いま自分が出来ることが何であるかを考え、自分よりも困窮しているひとの役に立とうと行動できる学生もいます。

自分の事よりも、自分より強い立場の人たちに何とか支援の手を差し伸べたいと考え、行動しようという学生も沢山います。

一人ひとりのできる力は小さいのですが、その力が集まれば大きな動きが出来ると思い取り組んでいる若者達がいます。

同じくBくんという学生も地域貢献活動をしています。

彼はその地域で考案されたご当地キャラクター、いわゆる「ゆるキャラ」を着ぐるみでPRする活動をしています。

彼はどんなに不機嫌だった人も着ぐるみをみた一瞬だけでも、顔が緩む優しい顔になる。

そんな経験をしてから、着ぐるみは人を笑顔に出来る仕事だと考え、学業の傍ら「着ぐるみプロデューサー」として日々活動をしています。

当然学生の活動なので、中々ビジネスにならず苦労をしているようですが、それでも誰かが喜ぶのなら…

という思いだけで彼は活動しています。


昨日補講の時に数名の学生と一緒にランチをしましたが、そのとき

「自分に何が出来るか分からない。」

「自分が何がしたいか分からない。」

という発言がありました。

自分の力に気が付かず、活かせていない事はとてももったいないと思いました。

自分の力を過小評価して、何も出来ないと嘆くより、自分の出来ることを少しでも行って、誰かの力になって欲しいと思いました。

人は誰でも、自分以外の誰かのために存在し、誰かのために活かせる力を持っているはずです。

どうか自分の持っている力に気が付いて欲しいものです。

自力で気が付く事が難しい時は、是非カウンセリングを活用してくださいね。

人々に大きな影響を与えたり人を動かす力がある人へ…

一日も早くあなたの持てる力を有効に活用し、困窮している人たちの救済に役立て下さい。

あなたの力を必要としています。

それでは、また来週…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/24-98963cf4

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。