ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回は、弊社の近況から…

最近、お陰様でJobstudy.jpの社員研修が少しずつ増えてきました。

Jobstudy.jpの社員研修は、社員の説明力や指導力強化を目的に実施します。

しかし、それだけでなく研修の一環で学校機関に出向き、

自社の事業内容の説明と自分の仕事を体験してもらうことも含んでいます。

研修のテーマは、「会社の社会的な役割」「仕事の必要性」です。

自分の会社のこと、自分自身の仕事のことをテーマにして

未来の担い手となる子ども達を相手に、仕事の内容を説明し体験指導をします。

ご参加者いわく…

「めちゃくちゃ大変で、楽しい研修」だそうです。


大変なことは

子どもに仕事の説明と、体験内容を考えること。


「会社の社会的な役割は何か?」

「なぜ、この仕事は必要とされているのか?」


このようなことを考えている方は少ないようで、中々説明が出来ず、皆さん苦戦されています。

確かに

改めて、自分の会社の役割や、自分って何でこの仕事しているのかなど聞かれても…

わかっていそうで、結構わからないものかもしませんね。


では、お仕事をしている皆さん

皆さんの会社の社会的な役割とは、何でしょうか?

皆さんの仕事はなぜ必要なのでしょうか…?



そんなこと、一言で答えられないですよ。

色々な仕事があるんだから、そんなの簡単に答えられない

そんな声が聞こえてきそうです。



確かに色々な仕事がありますし、様々な理由があると思います。

でも会社の役割や、仕事が必要な理由は

どのような仕事でも1つのような気がします。

それは…

「困りごとの解消」ではないでしょうか?

仕事の原点って、「困りごとの解消」ですよね。

自分の出来ることを、出来ない人の代わりにすることです。

野菜が作れない人代わりに野菜をつくってあげる

魚が取れない人の代わりに魚を取ってあげる

こんな、シンプルなことが仕事の原点なのではないでしょうか?

ただ最近、多種多様な困りごとが増えて、色々なお手伝いが必要になりました。

助けて欲しいことが増えたのと、一見簡単そうなお手伝いが増えました。

例えば、

昔、野菜を食べたいけど野菜が作れないという困りごとがありました。

なので、野菜を作るというお手伝いをすれば、

困りごとは解消されました。

しかし今は、野菜を食べるに沢山の困りごとがおきています。

例えば

野菜が作れない

野菜をそのままでなく、加工して食べたいけど加工が出来ない。

野菜を出来るだけ一度に沢山食べたいけど、毎日食べるのが大変

出来るだけ、野菜だとわからないようにして食べたい

など、

この困りごとの数だけ仕事があるのです。

時代は変わり、沢山の困りごとが起きています。

それを、皆さんお仕事は解消するお手伝いをしています。

この世の中に、いらない仕事なんて存在していません。

是非、仕事の役割を考えてみてください。

まだ、自分の役割、仕事の必要性が見えていないという皆さん

その仕事を始めて間がないのでなないでしょうか?

その仕事事体が新しい取り組みで、前例が無いことではないでしょうか?

仕事の必要性がわかるには、長い時間がかかります。

特に、今の困りごとではなく

未来の困りごとを予測して取り組んでいる仕事は

中々多くの人に理解してもらえないようです。

弊社のjobstudy.jpも企業の人材育成の困りごとを

解消したいと想い始めた仕事です。

ただ、企業の人材育成だけを問題解消しても、

未来の担い手となる子ども達も同じような困りごとが起き

困りごとの根本的な解消にならないと思いました。

そこで、社員教育の一環で子ども達に職業教育を行うことで

今の社員に対する課題と、未来の子ども達に対する職業教育を同時に行うという

研修プログラムを開発し取り組んでいます。

でも、未来の困りごとを解消とする仕事は、

結果が出るのが遅いので、中々評価していただきにくいですし、

本当にこの仕事をして良いのか不安になります。



先日、ある会合で

株式会社ユーグレナ

代表取締役 出雲 充氏の講演を聞きました。

出雲 充氏はユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した、

栄養食品の開発やバイオエネルギー開発に取り組んでいました。

2005年8月に創業され、今でこそ東証に上場する企業になったそうですが、

本当に大変なときがあったそうです…

出雲 充氏の情熱と、これまでの取り組みを聞きました。

その中で印象的な言葉がありました。

「たとえ今、成功率が1%の確率しか無いことでも

 同じことをもう一度繰り返すと、成功率は1.99%に確率が増えます。

 3回目、4回目と同じことを繰り返していくと
 
 459回目には成功率は99%になります。

 大事なことは、諦めずにやり続けていくことです。」

困りごとの解消が仕事です。

解消して相手に喜んでもらえるから、頑張ろうって思いますよね。

でも、未来の困りごとはまだまだ、表面化していないので

中々、喜んでももらっていることが実感できません。

それでも、やり続けていくと

喜んでもらえる人が増えてきます。

Jobstudy.jpの社員研修も未来の困りごと解消のために取り組んでいます。

3年前に始めたときは、本当にわかってくださる企業は少なかったです。

でも今少しづつですが、喜んでくださる企業が増えています。

これからも、未来の雇用問題、就労問題を解消するお手伝いをしていきたいです。

皆さんの会社の役割はなんですか?

皆さんはどのような困りごとを解消する為に、仕事をしていますか?

どんな困りごとを解消する為に、就職して働きますか…?

未来の困りごとが解消出来るか

自分が出来ることを考えてみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/141-2896a30b

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。