ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先日お会いした企業の人事担当者の方からこんなお話を伺いました。

「新入社員に仕事の仕方などで、アドバイスをすると

 色々なことをいわないで、答えだけ教えてください。といわれる。

 なぜ、答えなんだろうね…」



そう言われれば、最近研修をしても

「答え」とか

「正解は…?」という言葉をよく聞きますね…

たとえば、電話応対の研修での出来事です。

私の電話応対研修は、自社で先輩や上司の電話のやり取りを思い出してもらいながら

電話応対の台詞を文章を書いてもらいます。

その上で、ペアワークで電話の受け方、掛け方の練習をします。

あるペアーの出来事

Aさん「お電話ありがとうございます。 株式会社○○のAです。」

Bさん「お電話ありがとうございます。○○のBです。」

というやり取りをしました。

この時、2人から

「株式会社を付けるのと、付けないのどっちが正解ですか?」

と質問されました。



このような場面「正解」を聞かれたのは初めてでした。

私「どちらも会社の上司や先輩の受け答えで行っていれば、それでいいです。」

と、説明しましたが納得していただけなかったようでした。

別の研修で、グループワークをしたときのこと…

抽象的なイラストを用いて企業のPRポスターを作ります。

抽象的なイラストは地球儀がモチーフなので地球にしか見えない場合あります。

でも視点を変えてみると様々な模様に見えます。

更にキャッチコピーのような言葉が一つ加わるだけで、

本当に企業をPRするポスターのように見えます。

この研修の意図は

・物事は様々な見方ができること

・自分が思っていることを、自由に発言すること

・相手の意見を否定せず、意見を取り入れて自分の発想を広げること

・沢山出されたグループメンバーの意見を一つにまとめ、作品として完成させること

このことは実施後に解説をしますので、受講生がワークに取り組んでいる間は説明はしません。

制限時間の中で、各グループ抽象的なイラストをポスターとして完成させは後は、

全グループのポスターを張り出します。

その後、どんなメッセーを込めたポスターなのか、代表者に説明をしてもらいます。

説明後、よいと思ったポスターに参加者全員が投票

NO1の作品を選びます。

NO1の作品が決まった後、各グループでこのワークを通して感じたこと

気がついたことを話し合います。

「人の見方って色々で、みんな同じじゃないことに気がついた。」

「見方が違うから、しっかり自分の考えを説明しないと伝わらないと思った。」

「自分が発想できないことでも、他人の話を聞くとイメージが広がった。」

など…

私が説明をしなくても、しっかり意図を感じてくれている人がいます。

しかし、中には

「で、あれが正解なの?」

「どうみたら正しいのか解説してくれないから、意味がわからない。」

という人が…

ん~

何をもって「正解」って考えるのかな…

仕事って自分が基準ではないんですよね。

相手が

「わかりやすい」

「使いやすい」

「居心地がいい」と感じることをする。

そのれは、三者三様の感じ方があり、方法があると思います。

「正解」という考えにとらわれると、

三者三様の対応ができないのではないでしょうか?

実際の仕事でも、大まかな基本は先輩や上司からレクチャーを受けると思います。

でも、それはあくまでも基本で、

その後は相手に応じて自分で考え、自分で工夫します。

その工夫が足りず、レクチャーの通りにすれば「正解」と考えて仕事をすると

「いわれた通りにしているのに、なんで上手くいかないんだろう」

「上司は、毎回やり方や、説明のしかたが違うから、どうしていいかわからない」

と、悩むのかもしれません…

仕事は方程式のように「これが正解」という明確な基準はないと思います。

また、「正解」は1つではないと思います。

相手に応じて、無数の方法と無数の選択肢があります。

学校で学んだ方程式のような「正解」ではなく

相手に応じた無数の「正解」を見つけてみてはいかがでしょうか?


それでは、また来週…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/137-24d805e5

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。