ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、女性経営者の交流会に参加してきました。

全国から800名の経営者の方々が参加した盛大な交流会でした。

交流会は2日間開催されたのですが、私は大学の授業の関係で1日だけの参加でした。

交流会1日目は分科会でした。

7つのテーマに分かれ、各テーマに関して取り組んできたことを報告者します。

その後内容を聞いた、参加メンバーがグループに分かれ、

感想を述べたり今後自社の活動にどう活かすかなどを討議しました。

私が聞いたお話は、

お父様がある事業をしていたそうです。

女の子ばかりの姉妹で、幼いころからお婆さまおに

「この仕事を継ぐのはお前だからね」と言われていたそうです。

でもお父様は

「女に仕事は継がせない。継がせるなら婿を取れ。」

と言われたそうです。

このようなお父様の確執もあり、しばらくはお父様の事業から離れていたのですが、

紆余曲折あり、結局お父様の事業を引く継ぐことになりました。

しかし事業を引き継いだ途端、売上率90%を閉めるお客様から

「これから取引は少なくなるから… あまりうちの会社だけを頼らないでね。」

と、いわれたり

社員から「社長が嫌いだから辞めます。」と言われ辞表を出されたことなど、

お父様から会社を引き継ぐときの大変さがヒシヒシと伝わってくる内容でした。

それでも何とか、会社を続けるように頑張ってきた話や

大きなビジネスチャンスがあって社員とそのチャンスを掴み、成果を出したときの話などは

報告された方もその状況を思い出したのでしょう言葉に詰まる場面がありました。

その様子や話を聞いて、多くの方々が同じように涙ぐんでいました。

多分、涙ぐんだ人の数だけ皆さん同じような想いと

ご苦労をなさってきたのだろうと思うと、私も目頭が熱くなりました。

「なんども、もう会社辞めよう、もう辞めようと思った。」

この言葉はとくに重く、多くの方々の目頭を熱くさせていました。


そう…

仕事って簡単に辞められないんですよね。

私も経営者になるまでは、ひとつの職場に長く勤めることがありませんでした。

職場環境や、仕事の内容で簡単に仕事を辞めたこともあります。

でも、経営者になってからは辞める選択肢はなく、続ける選択肢しか考えませんでした。

ある時期、娘のことで経営者よりも母親にウェイトを置いたほうが良いのでは…

会社を本当に辞めたほうがいいのでは…

と、とても悩んだ時期がありました。

悩むと同時に、これまでお世話になった沢山の方々や、

研修を依頼してくださっているお客様の顔が思い出されました。


「この方々にご迷惑が掛かってしまう。

 もう少し、もう少し何とか両立できるようにしよう…」


そう思い、両立できる、仕事を続ける工夫をしてみました。

できるだけ夜の会合を減らしたり、

長期出張があれば娘を出張先に呼んで二人で過ごす時間を作ったり、

旦那さんに娘のフォローをしてもらったり…

お陰様で、娘に対する課題が改善され、今も仕事を続けることができています。

多分、これまでの私なら簡単に仕事を辞めていたと思います。

辞める事が踏みとどまれたのは、お客様に対する「責任」だと思いました。

「責任」を持たされると

どんなに、相手から罵倒されても

どんなに、取引先から叱られても

どうしたら、相手と仲良くできるのか?

どうしたら、取引先と上手にお付き合いができるのか?

続ける工夫をしようとします。

どんな物事でも、続けるていかないと上達しません。

どんな仕事の達人でも、はじめからプロの人はいません。

みなさん、続ける工夫があって上達してきんだと思います。


最近、仕事のことが

「ちょっといやだなぁ」って思っている方…

辞めることは、今すぐにでもできます。

でも、あなたが辞めても本当に誰も困らないですか?

どんな小さな仕事にも「責任」は付いていますよ。

辞める前にもう一度あなたに与えられた「責任」について考えてみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/136-47777e7a

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。