ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私には中学2年生の娘がいます。

マイペースで内向的な性格…

私とは正反対です。

私は思うことがあれば、すぐに行動して確かめます。

気になることは調べたり、人に聞いたりと、気になったままにはしません。

しなければならないことは、先に済ませてあとでのんびりしたいタイプ。


娘は何があっても自分の気分が最優先。

自分がしたければする。

したくないと思ったら、誰に何を言われても絶対にしない。

自分が興味のあることはネット検索などをして色々調べるけど、

勉強はほとんど興味なし…

宿題も夜になってから、慌ててすることもしばしば…


娘は口数が少なく小さい頃から、あまり話もしないタイプ。

「今日、幼稚園でなにしていたの?」

と、聞いても

「いろいろ」

で、話が終る。

それは小学校に入っても、中学校に入っても変りませんでした。

でも、テレビや漫画など娘が興味を持ったり、

面白いと感じたことは、凄く話してくれます。

私にしてみれば、学校の様子や困ったことを教えて欲しいのに…

「肝心なことは話してくれないで、どうでもいいことばかり話して…」

と、思っていました。

同じマンションションに同い年の女の子がいて、

その子は小学校の低学年の頃から

挨拶しっかり!!

電話をすれば大人顔負けの敬語で応対!!

すごい~

と、毎回感心するばかり…

しかし、娘は同じマンションの人に会っても

モジモジと小さな声でしか挨拶をしなかったり、

電話もしっかり受け答えしません…

はぁ…

育て方が悪かったのだろうか…

仕事で帰りが遅かったり、出張が多いくて娘と接する時間が少ないから…

娘とコミュニケーションが取れていないから、娘が話してくれないのかなぁ…

やっぱり仕事と子育てお両立は無理なのかなぁ…



と、随分悩んだことがありました。

娘が小学校の高学年になったとき、その思いはピークに達しました。

自分が仕事を辞めなければ、娘の将来はないのではないかとすら考えました。

そんな時、心療医をしているママ友から

「娘を自分の分身だと思っているでしょう。

 だから苦しいのよ。

 娘だって別人格。

 冷たい言い方をすれば、他人よ他人

 自分と同じようにする訳がないし、同じことは考えないよ。

 娘には娘の個性があって、それは自分と違うものだと認めない限り、

 その辛さは解消されないよ。」


う…

痛い…

なんて適切なアドバイス…

そうなんですよ。

別人なんですよね。

でも頭で分かっていても、心では中々理解ができません。

「こんなに内向的なのに、学校で上手く生活できているんだろうか…」

「口数が少ないみたいだけど、友達はいるんだろうか…」

中学校に入ってからは、学校の行事にもあまり参加出来なくなったので、

その心配は、益々増すばかりでした。

先日、娘の学校で体育祭が行われました。

私は今年PTAの役員で広報担当。

子ども達の様子をカメラで撮影することになりました。

普段は応援席しか入れないのに、広報係りの特権としていろいろな場所で写真が取れます。

私は、子ども達が応援している姿を撮りたくって、生徒応援席に行きました。

もちろん、娘の姿も探しました。

こっそり娘がいる席の近くまでいくと…

そこで見たのは、私の知らない娘の顔でした。

数名の友だちをふざけ合い、楽しそうにしている姿…


友だちちゃんといるんじゃん。

なんだ、普通に話ししているじゃん。


なんか、ホッとしたと同時に小学校の留守家庭クラブ(学童クラブ)の

指導員の先生から言われた言葉を思い出しました。


「口数が少ないのは外で頑張っているからですよ。

 外でしっかり頑張っているから家では話もしないだろうし、

 自分のペースで好き勝手にするんですよ。

 しっかり育っている証拠だから、あまり気にしないように…」


そうだった…

しっかり育っていたのでした。

娘には娘の世界があって、その中で共感する仲間がいるんだと気づかされた瞬間でした。

親子であっても性格や考え方は全く違う。

分かっていても子どもに親の考えを押し付けようとするのは、親のエゴなのでしょう。

私のように

「娘なんだから自分と同じ。同じことができないはずがない。」

と、思い込んでいる親御さんは結構多いのではないでしょうか…


実際、進路相談では親御さんと自分の考える進路の違いに、悩みを訴える方が多いです。

皆さんにしてみれば、親のエゴにどう付き合うか、どう向き合うか悩ましいですね。

また、皆さんを思うが故の言葉であることを十分わかっているからこそ

何とかその思いに答えたいと思うのでしょうね。

ただ、皆さんは親御さんからすべての能力を受け継いでいますか?

親御さんの思いに答えたいという気持ちはとても素敵なことですが、

それに潰されそうになっていませんか?

親御さんの能力はあくまでもベースで、

そのベースを発展活用している皆さんの能力があるのではないでしょうか?

そう、皆さんの個性…

親御さんもですが、皆さんご自身も

「親は親。自分は自分。」

と思えないと、中々進路を決めることができませんね。

親御さんから受け継いだ、皆さんならではの個性が活かせる進路を考えてみてはいかがでしょうか?

あなたには、あなたの個性を活かせる場所と仲間を見つけてみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/133-a8ee4293

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。