ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さんは何か悩ましいことや、困ったときってどうされますか?

友だちに相談しますか?

思いっきりスポーツして体を動かしますか?

美味しいものを食べたりしますか?

私も友人や先輩方と会食しながら相談することが多いです。

でも、それと同じくらい本を読みます。

プレゼンテーション、話し方で悩んだときに読む本

経営について悩んだときに読む本

カウンセリングスキルを強化したいときに読む本

人とのコミュニケーションについて勉強したいときに読む本

沢山の方々の考えた方や、

経験談を読むのをとても参考になります。


私は今年に入ってから、本当に沢山の「課題」が出てきます。

内容は、会社の経営のこと、

周囲の方々との係わり合いの方など様々です。

その度に思考錯誤するのですが、中々クリアできません。

何がよくないのか

どうしたものか

本当に今の方法でいいのだろうか…

そう思ったとき読みたくなるのが

松下幸之助 著書

「道をひらく」

私にとってこの本はちょっと特別な本です。

この本は、松下幸之助氏が感懐をそのまま綴った一篇集で、

百二十篇が収められています。

この本を私は目次通り読んだことがありません。

この本を読みたくなったとき、適当にページを開きます。

すると、なぜか今の自分の心境にぴったりの内容が書かれています。

今朝も久しぶりに読みたくなってこの本を手に取りました。

適当に開いて表示された内容は



「根気よく」

どんなによいことでも、一挙に事が成るということはまずあり得ない。

また一挙に事を決するということを行えば、必ずどこかにムリを生じてくる。

すべて事は、一歩一歩成就するということが望ましい。

だから、それが良いことであればあるほど、

そしてそれが正しいと思えば思うほど

まず何より辛抱強く、根気よく事をつづけてゆく心がまえが必要であろう。

「徳、弧ならず」という言葉があるけれども、

これは正しいことはいつか必ず人々に理解してもらえるという意味にも通じる

しかし、これとても、いっぺんにというわけではない。

徐々にということである。

だから、いかに正しいと思うことでも、その正しさにとらわれて、いたずらにことを急ぎ

他を誹謗するに急であってはならない。

みずからの正誤を世に問うためにも

まずは辛抱強く、根気よく事をすすめてゆくという謙虚な姿がほしいのである。



正に、中々結果が現れず、

自分の思うような形が現れず、これでいいのかと思っていました。

でも、この文章を読んで、自分の仕事の関わり方、周囲へのPRの仕方を

もう一度考え直してみようと思いました。

自分のしていることが正しかどうかは、誰も分からないですよね。

ただ、していることに賛同されないと、今心が折れそうになります。

本当に、このままでいいのかなぁ

辞めてしまったほうが、簡単なときもあります。

でも、辞めたあと後悔するのでは…?

と思うのであれば、根気強く続けていくしかなさそうです。

どんなことでも、結果はすぐには出ません。

コツコツと、自分の信じることをしっかり向き合い、取り組んでいれば、

いつの日か必ず、思うような結果が現れるのではないでしょうか?

そんな日が来ることを信じ、

自分の力を信じ

根気強く今のことに取り組んでみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/129-cf74196d

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。