ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、高校でのJobstudy.jpを開催しました。

本当に沢山の企業やカウンセラーの仲間達の協力により

1年生 250名対象14種の職業体験を行いました。

今年に入り、2月中学校2回、今月の高校1回

延べ参加生徒数 461名

実施職種 23種

これだけの短期間でこの数が行えた事は、本当に嬉しい限りです。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、Jobstudy.jpとは

社員教育とキャリア教育を融合した新しい教育プログラムです。

この教育プログラムのベースは社員研修なので、研修対象者は企業の社員です。

社員はこの研修を通して社会人として必要となるスキルを身につけます。

ただ、その研修の一環として地域の学校に出向き子ども達に

自分達の会社の役割や仕事必要性、この仕事するのに必要なスキルの説明などをします。

また話だけでなく、自分の行っている業務を生徒達に体験させるので、

指導力強化にも繋がります。

Jobstudy.jp参加企業は地域周辺の中小企業です。

地域に貢献したい、地域の雇用を考えたいと思いながら、

仕事の内容や、職場の環境上インターシップの受け入れができない。

求人を出しても人が来ないという企業にとっては、この出前授業方式によって

仕事の内容や企業の内容を紹介するチャンスになります。

Jobstudy.jpにご参加の企業は、社員研、企業PR、社会貢献活動の3つの効果が得られます。

企業の社員研修が学校や生徒のキャリア教育に繋がる、新しい職業教育のスタイルです。

学校や生徒は、キャリア教育が行えるだけでなく、

学校や生徒は、Jobstudy.jpを通して自分達の身近にある多くの企業や仕事の存在を知ることができます。

更に話を聞くだけでなく、生徒自身が職業体験の内容を選択したり、実際に仕事を体験します。

この

「自分で実際に操作してみる」

「自分で考えてみる」

という点が、今の小学生から高校生にとっても非常に重要なことです。

今の子ども達は沢山の情報を持っていますので、

何かを説明しても

「知っている」

「やったことある」

「できる」

といいます。

でも、実際にそのことを行わせると、できない場合が多いです。

実際に自分で行って、初めて様々な発見することが沢山あります。

そんな発見をした、生徒のメッセージを一部紹介しますね。

・簡単な職業と思っていたけど、体験をさせてもらって難しいんだと思いました。

・職業体験で思った事は、この仕事しかできないよりも、
 
 この仕事がしたいという気持ちで仕事をする事が大切だと思いました。

・職業を見て分かったことは、人がしているのを見ている時は簡単そうだな?とか思っていたけど、

 自分が体験してみるととても難しかったです。

・職業体験をしていろんな仕事の事を知れて本当に良かったし楽しかったです。

 私は今まで将来の事なんて考えてなかったけれど、これからはちゃんと考えて

 今日学んだ事を活かしていきたいです。

・職業体験の前までは職業についてあまり興味がありませんでした。

 けれどこの職業体験をして沢山の職業に興味を持つことができました。

・看板の体験では看板の作り方が予想とちがいました。

・職業体験をして私が向いていない職業などなんとなくわかりました。

・職業体験を通してこんな仕事があるんだとか、この仕事ってこんな事をするんだとかいう、

 新しい発見があってよかったです。

・自分が本気でやってみたいという職業はみつからなかったけど、

 少しやってみたいなぁと思うのはありました。

・仕事のイメージはお金をもらっているのだから辛い仕事が多いのかなと思っていたけれど、

 今回の職業体験をして一部ではあったけど楽しい内容で面白みのある体験をする事ができました。


このようなメッセージをご紹介すると

「仕事って好き、嫌いでするもんじゃないんだ」

「やっていけば愛着も湧いて出来るようになるんだ。」

というご指摘を受けます。

でも、本当に好きじゃないと続けようと思えないのでは…

嫌いなことじゃなかったから、長く続けられて愛着が湧いてくるのではないでしょうか…

でも、一番重要なのは、自分がどのように考えるかです。

周囲の意見を聞いて、好き、嫌いではない要素で決めるもよし。

誰になんと言われようと、自分の信念を貫くこともよし。

自分の人生なのですから、自分で決めないと…

これまでのブログで何度か紹介しましたが、

自分で次のステップに進む方法を決められないのであれば、

それは決めるための情報が足りないと思います。

情報とは本を読んだり、ネットなどの内容を読むことではなく

取得した情報を自分でどのように活用するか、活用方法が思い浮かばないことだと思ってください。

得た情報の活用方法は自分で実行してみないと分からないです。

「失敗したらどうしよう…」

「間違ったらどうしよう…」と

自分の行動にブレーキを掛けず、

まずは、実行してみませんか?

すべての判断基準は自分がどう思うかです。

あなたの思いで決めて良いんですよ…

それでは、また来週…


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/123-4bf4673d

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。