ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週、初めてブログを休んでしました。

楽しみにしていた皆さん、本当に申し訳ございませんでした。

今週からまた情報提供していきますので、よろしくお願い致します。

今回は私自身に起きた出来事から…

皆さんは松下幸之助氏の「道をひらく」という本はご存知でしょうか…?

この本はPHP研究書の機関誌に松下幸之助氏が短文連載してきたものを1冊の本にしたものです。

私は、何か仕事が終わったり、気持ちが沈んだり、課題に対する答えが見つからなかったときに、

この本を手にします。

そして適当に本を開くと、今の自分の状況に当てはまることが書いてあります。

たまたま似たようなことが書いてあるだけで、きっと経営者なら誰でも感じることだと思います。

でも本の内容と、今の自分に起きている状況が全く一致することがちょっと面白いのです。

だから、この本はページの順番に読んだことがありません。

目をつぶって、

「えい」って本を開く

私にとって、ちょっと変わった読み方をしてしまう本です。


先週の木曜日に、年末から取り組んできた一つの課題が終わりを迎えました。

本当に色々な学びをした貴重な仕事でした。

それゆえ、多くの課題も残りました。

この仕事が終利を迎えてすぐ、「道をひらく」の本を手に取りました。

いつものように、目をつぶって本を開きました。

開いたページに書いてあった内容は…

「身にしみる」

一生懸命にやってきたつもりでも、

何かのキッカケで、身にしみる思いをしたときは、

今までの一生懸命さが、まだまだ力足りぬことに気がつくことが多い。

身にしみるとは、尊いことである。

ありがたいことである。

ものごとをキチッと誤りなくなしとげるためには、

事の大小を問わずそこにやはり身にしみる思いというものが根底になければならないのである。

… (中略)

おたがいにともかくも、きょう一日の仕事を続けている。

ともかくも一生懸命であろう。

しかし今一度、ほんとうに身にしみる思いで自分の仕事を振り返ってみたい。

                   - PHP研究所 「道をひらく」より-

ん~

ずっしりときました…

正に、この内容の通り、身にしみる出来事でした。

年末からの仕事は、自分では一生懸命してきたつもりでした。

相手に失礼の無いように、自分以外に知識や経験の豊富な専門家の方々の意見も聞き、

真摯に対応してきたつもりでした。

でも、相手に誤解をさせるような対応になってしましった。

その誤解がどんどん大きくなって、結果は白紙になってしました。

物事の見解の相違って一度ずれると本当に修正が難しい…

相手を誤解させるような取り組みでは、まだまだ一生懸命さは足りないようです。

それを払拭できないようでは、まだまだ力不足のようです。

もっと勉強しようって思いました。

もっと、これまで以上に自分の言葉に責任を持とう!!!

自分の信条は「自分の言葉に責任を持つ」です。

でも、それが人によっては全く通用しないことも身にしみました。

事前準備の重要性も痛感しました。

今年初めの「身にしみる」出来事でした。

でも、年初めだから良かったのかもしれません。

「今一度、ほんとうに身にしみる思いで自分の仕事を振り返ってみたい。」

今年一年の取り組みを、この思いで一生懸命振り返ってみます。

皆さんも「身にしみる」ことはありませんでしたか?

「身にしみる」ことがあれば、振り返りのサインなのかもしれません。

自分だけでなく相手があっての物事です。

双方が良い結果を出すために、もう一度様々なことを振り返り

足りない部分を補う取り組みをしてみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://campanula0918.blog96.fc2.com/tb.php/115-db4a53d4

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。