ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎回、塾長週記をご覧いただき、誠にありがとうございます。

「楽しみにしています。」という、お声をいただけると

本当に嬉しい気持ちでいっぱいになります。

本当にありがとうございました。

このブログを始めた、きっかけは

教え子の

「こんなことで悩むの、自分くらいですよね。」という一言でした。

皆さんの日常の悩みは多くの方にも共通点があり、

皆さん同じように悩んでいました。

悩むことは悪いことではないです。

あたなただけじゃない…

一人じゃないよ…

少しでも、元気になって欲しい。

少しでも、悩みの解決のヒントになれば…

そんな気持ちで、仕事で感じたこと、気がついたことをお伝えしてきました。

時は流れ、その時の教え子は社会人

1人で始めた会社の仕事も、今は4名のスタッフと一緒に仕事をするようになりました。

仕事の内容も少しずつ変化し、

学生や社会人の教え子の悩み、お伝えしたい内容も少しずつ変わってきました。

現在弊社のホームページをリニューアル中ですが、

それに併せてこのブログもリニューアルしようと考えています。

そこで、しばらくブログをお休みさせて頂きます。

10月上旬から中旬にかけて弊社のホームページと併せてリニューアルオープンいたします。

それまで、少しの間更新がありませんが、

新たな視点で働くこと、仕事の仕方について

お伝えしていきたいと思います。

是非、リニューアルのブログをお楽しみに…

それでは、また…


そえれでhまた来週…
スポンサーサイト
話し方って難しい…

自分では同じ話をしているつもりでも、

相手が違うと、

感動されたり、

怒られたり、

無関心だったりと

反応は様々

特に怒られると、何で怒られるのかわからなくて混乱します…

先日も、Jobstudy.jpのことで助言をしていただく機会がありました。

「このビジネスを立ち上げるのに、何をしてきましたか?」

と、質問されたので

これまで自分が行ってきたことをありのままお話しました。

すると…

「そういう正論じゃなくって、やってきた戦略を聞きたいんですけど…」

??????

正論?

戦略???

単に実行してきたことを話しただけなのに、「正論」「戦略」という言語に変換され混乱…

この後も色々な話をしましたが、

結局お聞きになりたいことと、

私の話の内容がかみ合わず、助言をいただくことはできませんでした。

ん~ 何でだろう…

今、研修でお邪魔している企業の事務員さんも同じような話をしていました。

社長が言っていることと、事務員さんがやることがかみ合わないようで

いつも、社長から怒られているそうです。

なんで、こんな現象が起きるんでしょうか…???

このかみ合わないことこそ、経験の相違なんですよね。

人って自分がしてきたこと、見てきたこと、感じてきたことが

判断の基準です。

この、してきたこと、見てきたこと、感じてきたことがその人の経験。

したこともない、見たこともない、感じたこともないことは判断の基準には、なれないです。

そういえば…

私の教え子に韓国の留学生がいます。

その子が、久しぶりに韓国に帰ってご飯を食べたら「辛い」と感じたそうです。

日本に来るまでは「辛い」という感覚はなかったそうです。

日本食を食べ、韓国食を食べ比較する状況が生じて

「辛い」という感覚が生まれたようです。

つまり、日本食を知らなければ「辛い」という感覚は生まれなかったとか…

私の話も、企業の事務員さんの話も

こんなことだと思うんです。

アドバイザーや、社長はいくつもの情報を持っていて、

その情報と比較して、意見を言っているんでしょうね。

でも、私も事務員さんもその比較情報がないので、

何のことだかさっぱりわからない…

と、感じてしまいます。

この差を埋めるには、やはりコミュニケーションが必要ですね。

話す側は、どこまで知っているのか、どの程度の経験値なのか

見定めながら話してくださらないと

せっかくの話の意図が相手にはわかりません。

聞く側も、自分の知らない情報が出てきたら、

確認しながら話を聞く必要があるでしょう。

会話の食い違いは、心情的なことよりこのような

持っている情報の相違によることが多いようです。

皆さんも、相手と話がかみ合わない、言いたいことがうまく伝わらないと感じたら、

どのような差が起きているのか、考えてみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…

そえれでhまた来週…
先日、社会人になった教え子のAさんから、こんな相談を受けました。

Aさん「先生…、最近、めちゃくちゃ人間不信なんです。」

私「ん~、何か人間不信になるようなことがあったの?」

Aさん「もう、毎日!

   とにかく、みんな嘘つきですよ。

   言っていることと、やっていることが全然違う。

   先輩とか影で上司の悪口を言っているのに、

   その上司がいるとご機嫌とりばかりだし

   普段自分のことなんか無視している人が、

   自分がちょっとでも力のある人と話していると、

   さも、親友みたいな話し方してきたり

   特にFaceBookなんか見たら、

   もう嘘ばっかり、信じられない。」


と、すごい剣幕で色々な話をしてくれました。

事の発端は、Aさんと同期入社のBさんと一緒に飲みに行く約束をしていたことから…

飲み会を楽しみにしていたAさん。

しかし、その日Bさんから飲み会のキャンセルが…

仕方なく自宅に帰ったAさん

翌日Bさんが別の同期のCさんと飲み会に行き

その模様をFacebookで紹介していたとか…

Cさんも同じ同期なんだから、3人でも飲みいけたのに…

AさんにとってBさんは、社会に入ってから出来た大事な友達だと思っていたそうです。

その出来事が、とてもショックだったようで

それ以来、言っていることとやっていることが違う人を見ると

異常に腹立たしい気持ちになり、不信感が募るんだそうです。

最近では、自分でも気持ちのコントロールが難しく、

仕事にも支障が出てきているとか…

ん~

それは、ちょっと大変…

Aさんに限らず、大人の友だち関係は難しいと

悩む方が、いらっしゃるのではないでしょうか…

今回のようにFacebookやTwitter、LINEなど

好む、好まないに関わらず、周囲の動向が知れる状況になると

自分以外の人たちのことが、気になったりするかも…

特に仕事上でのお付き合いって、本気で言ってくれているのか

社交辞令なのか、結構悩むこともありますね。

また、自分は何とも思っていないし、相手に対して何かした記憶も無いのに

一方的に毛嫌いされて、攻撃されることもあったり…

そんな周囲の言動に、一喜一憂していては心身ともに疲れてしまいますね。

ある本に書いてあったことですが

100人、人がいたら自分を好きだと思う人半分、

嫌いだと思う人が半分だそうです。

自分を好きだと思う人を増やすとき

嫌いだと思う人を好きだと思わせるように変えるより

まだ会ったことのない人に会って、

自分を好きだと思ってくれる人を増やしたほうが、簡単だそうです。

まぁ、好きな人の人数が増えると、その分、嫌いだと思う人の数も増えるそうですが…

自分の周りに不誠実だと感じる人がいて、

誠実に扱って貰えるよう、自分自身を変えることも必要かもしれません。

でも、それでも相手の不誠実さが解消されないのなら

その人に拘らず、その人以外で自分に対して

誠実な人を探してみるものいいのではないでしょうか…

まだ、あなたが会っていない、あなたの応援団がいるかもしれませんね。

今知っている人間関係だけが、あなたを好きな人たちの全てではないですよね。

会社、取引先の範囲を超えて、もっと沢山の人に会って

あなたを好きだと思ってくれる、社会の友だちを見つけてみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…


08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。