ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の研修業務を通して、「ある傾向があるなぁ…」

と、感じています。

それは…

面白い、参考になったという評価になる研修

参加者が新しい知識をえら得るような、知識習得型研修


つまらない、参考にならないという評価になる研修

グループワークやグループディスカッションのような

意見交換や自分の意見を発表することが多い研修

または、

実務の状況を設定して、シミュレーションを行って

対策の疑似体験をする研修




自分の知らない新しい知識を得ることが学びで、

既に知っていることの活用の仕方を学ぶことは、学びとは思っていないよう…


ん~

知識があっても実際の活用の仕方がわからなければ、

知識がないことと一緒なんだけどなぁ…

その知識を、どのような場面でどんな風に使うのか

自分以外の人は、どんな風に活用しているのか

それを参加者同士で、話し合い、練習することで知識の活用幅が広がるのですが、

このように感じられない方がちょっぴり増えています。

「そんな回りくどいことをしなくても、1つだけやり方を教えてくれればいいのに…」

「自分の関係の無い仕事の人の話なんて、活用できるわけ無い。話し合いなんて時間の無駄。」

「考える必要なんてないですよね? いわれたことだけすればいいし、

 もう既に知識もあるし、仕事でも問題なくしてます。

 なのになんで、わざわざ混乱するような状況作って練習するって意味がわからない…」

と、いうコメントが…

研修に参加したご本人たちはそのように感じるのでしょうが、

周囲の方はそのように思っていないのかも…

先日ある経営者の方から、次のような相談を受けました。

今年の4月、相談者のが経営しているA社に、大学を卒業して事務職担当でBさんが入社しました。

Bさんはとても真面目で、勉強熱心だったそうです。

大学の授業や独学で簿記2級を取得していました。

しかし今年4月入社ですから当然、実務経験はありません。

先輩社員細かく仕事のことについて教えていたそうです。

3ヶ月ほど過ぎて、そろそろ仕事を任せてみることに…

先輩社員「今まで教えてきたことだから、できるよね?」

Bさん「はい。頑張ります。」

先輩社員はBさんに仕事を任せ、しばらく様子を見ると

仕事が進んでいない様子…

先輩社員が

「何かわからない?」と聞くと

Bさん「前から思っていたんですがこの仕事のやり方、

    学校で習ったやり方じゃないから、途中でわからなくなるんですよね…

    私が覚えられるように、やり方を変えていいですか?」



このように、すべての仕事に対して、Bさんの知識基準で進めようとするそうです。

今はまだ、簡単な内容なので多少手順を変えることは許しているそうですが、

業務上、Bさんの経験値では知りえない対処方法も沢山あります。

その際、Bさんの知識基準で仕事をされたときに、大きなトラブルになるかもしれない…

なんとか、Bさんの仕事の仕方を変えて欲しいとのご相談でした。

Bさんも「知っている(知識がある)」=「できること」と

考えているようですが、

知識の活用方法に課題があることに、気がついていないようです。

Bさんのように、自分が学んできた知識が全て。

それ以外の方法を説明しても

「自分のやり方ではない」と思うと、話を聞かなくなったり、

自己流を通そうとします。

でも、その時必ずしも上手くいくとは限りません。

先輩社員はBさん同様の知識から、様々な業務を通して

レクチャーする内容に至ったわけです。

知識だけでは太刀打ちできないことを、既に実践済みなんですよね。

そのアドバイスを軽視したり、無視して我流を通すのは少々もったいないのではないでしょうか…

Bさんに限らず、人は自分自身が経験してきたことでしか物事の判断ができません。

経験をしていないことは、発想することができませんし、対処方法も思い浮かびません。

どんなにすごい知識があっても、実際に使う場面を想定し、

使い方がイメージできなければ、知識は役に立ず、「できること」にも繋がりません。

仕事は自己完結するものではありません。

常に周囲の人から、仕事を依頼され、それを別の誰かにまた渡していきます。

人が変われば、仕事の頼み方、仕事の渡し方が異なります。

仕事の頼み方、渡し方を変える時、

資格取得や仕事を通して学んできた知識が必要になるのではないでしょうか…

知識だけあっても、仕事がスムーズに進まなければ上手に活用していると

いえないような…

その経験値を、仕事だけでは高めることが難しくなっています。

研修はその足りない経験値を高めるトレーニングの場です。

皆さんの知識を、どのような状況でどんな風に活用するかをイメージし

行動のシミュレーションをしておくことも必要です。

新しい知識を高めることも必要ですが、

その知識の活用方法を学ぶことも大事です。

「知っていること」=「できること」になるよう、

沢山の人から、知識の活用方法を聞き、自分で実践する。

そんなサイクルを仕事中につくってみてはいかがでしょうか…

皆さんのすばらしい知識も、社会の中ではまだほんの一部にしか過ぎません。

もっと効率のいい方法、

もっと簡単な方法があるかもしれません。

その知識の使い方を、先輩社員や周囲の方々から学んでみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…



スポンサーサイト
お盆も終わり、娘の夏休みも終盤になりました。

部活をしていない娘は、ほぼ毎日自宅で過ごしていました。

「友達と遊びに行かないの?」

と聞くと、

「友達は部活か、塾で忙しいみたいで遊ぶ人がいないし、外は暑いし… いかない。」



なんとも、今時っぽい発言…

確かに、部活や塾にいっている子どもは、毎日忙しいようですね。

でも、うちの娘のように行くところが無く、家で過ごす子ども達も多いとか…

ある中学校では今週から1週間、キャリア教育(職業教育)のみを実施するために

子どもたちを学校に登校させるそうです。

担当の先生に伺ったところ、

通常の学習時間内にキャリア教育の時間を確保するのが困難なこと

塾、部活、サークルと何か集まる理由がないと、集まらない

部活も塾も無く家で過ごす子ども達は、

強制的にでも学校に来させないと、

夏休み中、誰とも会わないことも…

つまり夏休みがあける前の、社会復帰期間とか…


ん~

うちの娘の学校でも取り入れて欲しい…

うちの娘も、塾や習い事がなければ外に出かけません。

塾がお休みの時は、1週間自宅から出ないときもありました。

こんな状況で、人と話ができるのだろうかと心配になります。

やはりせっかくの夏休みですから、今しかできないことをして欲しい…

娘と相談して今年は、何か夏休みのイベントに参加ようと思いました。

5月頃から色々とインターネットで情報検索をして…

うちの娘にぴったりのサマーキャンプを発見!!

キャンプといっても海や山のアウトドアキャンプではないんです。

中学生・高校生向けのITアプリの開発キャンプ…

IT企業と九州大学の連携イベントのようですが、

大学のキャンパスでIT開発をして、博多駅近くの旅館でお泊りをするという内容です。

このようなイベントは、夏休み中に沢山ありますね

先日もJRが普段の社員の訓練で使用している施設を開放して、

子どもに職業体験をさせたというニュースを見ました。

また、弊社もお手伝いした、

福岡市のイベント

「ミニふくおか」

体育館の中に、子ども達がダンボールで仮想の街を作ります。

その街の中で仕事をして、仮想のお金を得て、

食べ物や飲み物、アクセサリーなどを購入することができます。

このような、大人が企画して

子ども達に参加をしてもらうイベントが、年々増えてきています。

でも、そのイベント情報を得るのは、私を含め親達です。

親が、そのイベント情報を得ることができれば、

子どもは沢山のイベントに参加できます。

でも、親がそのような情報収集をしないと

イベントの存在はわかりません。

子どもの経験は、親次第…

そんなことを感じる、娘の夏休みでした。

うちの娘を見ていても、今の子ども達の生活スタイルは

私が中学生の頃とは、明らかに違ってきています。

子どもを取り巻く犯罪が増え、

インターネットなどの情報が発達し、

生活用品はどんどん進化をして、便利に簡単になってきています。

そんな環境の中で、どうやって子ども達が経験を増やしていけるのか

それを考えるのも親の仕事のようになってきているような…。

ただ、この状況が決して好ましい環境ではないことも、痛感しています。

もっと、子ども自身が自分の意志でのびのびと行動できる

そんな環境を作りたい…

Jobstudy.jpを始めたきっかけを思い出しました。

もっと、もっとJobstudy.jpを受け入れて下さる学校、

参加してくださる企業を増やして、

少しでも子どもの意思で、様々な体験ができる環境を作っていきたいと思いました。

お陰様で、受け入れて下さる学校は増えております。

ただ、この活動の支えとなる企業研修として参加して下さる企業様は

まだまだ足りません。

会社の社員研修を、子ども達の職業教育として活用してみたい企業様

是非是非お問い合わせください。

多くの企業様のご参加を、心よりお待ちしております。

それでは、また来週…



今朝の話…

最近、家にいるより事務所にいる時間が多くなっています。

夏休みなのに、娘をどこへも連れて行ってあげていない…

何となく、罪悪感もあり

娘に

「最近、一緒にいる時間が少ないね。ごめんね」

と、話したら

娘「ん…? 

  なんで、家に帰ってきてるじゃない。

  前は家にも帰ってこなかったでしょう。

  帰ってきてくれているだけ、いいよ。」



そうだった…

以前は出張が多くて、1週間や10日近く、家に帰ってこないことがありました。

主人がいるから、いいだろうと思っていましたが、

娘にしてみれば、それなりに寂しかったんですね…

そんな状況から考えれば、

夜遅くても、家に帰ってご飯を食べたり、話はできています。

私は、もっと長い時間一緒にいないと、寂しいんだろうと思っても、

娘にしてみれば、いまでも十分だと感じてくれている。

私は、今の状況から考えて

寂しいだろうな…と思っていましたが、

娘にしてみれば、もっと大変だったことがあったので、

それと比べれば、問題は無い…

改めて、私と娘の思考基準の違いを感じました。

その後、家を出て事務所へ…

移動しながら電車の中で、今朝のやり取りを考えていたら

娘が5,6歳の頃、似たような出来事があったことを思い出しました。



当時も、私と主人は仕事で忙しい時間を過ごしていました。

そんな中、久しぶりに私も主人も同じ日に休みが取れたので、

主人と相談して、娘を動物園へ連れて行くことにしました。

お弁当を持って、電車に乗って…

動物園で沢山遊びました。

私も主人も娘も久しぶりに、大はしゃぎ。

楽しい楽しい時間が過ごせたと、思っていました。

動物園から帰る時、主人が娘に

「楽しかった?」と聞くと

娘は

「楽しかった。でも、ちゃーちゃん(犬)が一緒にこれないのは寂しい

 今度は動物園より、ちゃーちゃんも一緒に遊べる、お家の近くの公園に行きたい。」



正直、私も主人も肩の力が抜けました。

せっかく、動物園につれてきたのに、

家の近くの公園がいいなんて…

ちょっと、がっかり…

でも、娘にしてみたら、犬も一緒に遊びたかったんだそうです。

私達親が良かろうと思ってしたことも、

子どもにとってはベストなことではない…

思いのすれ違いを感じました。

でも、こんな思いのすれ違い、

親子だけでなく、友だちの間でも、職場でもありませんか…?

思いのすれ違いは、判断基準のズレですよね

話す人は話す人の基準で話し、

聞く人は聞く人の基準で聞きます。

でも、最終的な判断は聞く人、つまり相手次第になります。

どんなに一生懸命話をしても、

相手が「分からない」と判断されると

話の内容は「分からない話」になります。

文書でも同じことが言えますね。

私は今年に入って、何度か弊社の事業を紹介する資料を作成しました。

しかし中々、「理解できた」という評価が得られません。

それは文章も、読む人

つまり、相手の感性や知識範囲で判断されるので

読む人に、こちらが伝えたい情報が持ち合わされていなければ

考えは伝わらないです。

どうしても、話しているときや文章を書くときは

話をしている人、文章を書いている人の基準で情報を伝えようとしますが、

本当は、話を聞く人、文章を読む人である、

相手を想定して話をしたり、文章を書かないと、

自分の考えていることが上手く伝わりません。



と、書いている最中に

ある書類の添削を依頼していた方から

沢山のアドバイス入りで、書類が送られてきました…

「まだまだ、不十分で伝わりません」

う…

いたい…

まだまだ、相手目線が足りないようです…

全ての行動は相手があってのことです。

相手次第で、自分の話や自分の書いた文章の評価が変わってしまいます。

100%自分が思うような評価を得たいのであれば、

まず、相手の希望を知ることから始めたほうが良いようです。

「○○をしようと思うんだけど、どう思う…?」

この一言で、相手の気持ちを把握することができるのであれば、

皆さんの動きもスムーズになるのではないでしょうか…

全ての行動に対する評価は、相手次第です。

あなたの行動前に、相手の希望を探ってみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…



今回は、リーダー研修を通して感じたことから…

私が担当するリーダー研修は、

入社2,3年目の次期リーダーさんを対象に行うことが多いです。

4,5年前までのリーダー研修では、

仕事にも馴れ、会社からも評価され、後輩や部下ができる

任される仕事の範囲も広がり、仕事が楽しい

と話す方が多かったです。



最近のリーダーさんたち…

「後輩(部下)にどう仕事を頼んでいいかわからない。」

「仕事を頼むと、失敗しそうで頼みたくない。」

「仕事を頼むとかえって面倒なので、自分でしてしまう。後輩(部下)っていらないのに…」

と、リーダーという役割に戸惑っているようです。

先日、あるリーダー研修で

私「リーダーってどんなイメージを持っていますか?」

と、参加者に伺ったところ、

「一番先頭に立って、一番仕事をする人」

という、声が…

確かに、その要素はありますね。

でも…

それだけじゃないような…

リーダーは後輩(部下)に、自分の仕事や会社の仕事を、

どのように割り振りして、どう仕事を覚えてもらうか考える

それが、一番の仕事なのではないでしょうか…

例えば、スポーツの監督ですかね…

監督自ら、先頭に立てプレーはしないですよね。

今いる選手の体力を作る、

トレーニング方法を考え、特長を活かした戦略を考えますよね。

それと同じではないでしょうか…?

ただ監督だって、新人からベテランまでいます。

昨日までプレイヤーだった方が、

今日から突然、名監督にはならないのでは…

沢山の選手達と、沢山の試合をこなして、沢山の成功と課題を体験し、

その後、名監督になるではないでしょうか…

次期リーダーの皆さんは、正に新人監督と同じですね。

新人監督が一番初めにすることは、まず選手とコミュニケーションをとって

選手の個性や、体力を把握することだそうです。

その特長によって全体トレーニングと、個別メニューを考え、

個性を伸ばすように工夫をするとか…

確かに、真面目に基礎練習をする人もいれば、

ちょっと目を離すと、手を抜く人もいるかもしれません。

走るのが早い人もいれば、

走るのが苦手な人もいるかもしれません。

それぞれの、個性と体力を考え、チーム全体の勝利を考える。



リーダーさんの後輩(部下)も、

それぞれ個性があってスキルに差があると思います。

それを、考慮せず

「自分ができたから」

「自分もしてきたから」

という、「自分基準」だと、育成が上手くいかないかもしれませんね。

自分以外の人を動かし、スキルを身に付けさせることは容易なことではありません。

みなさんが、後輩(部下)の育成を任されるときがきたら、

まずはしっかり、後輩(部下)とコミュニケーションを取り、

後輩(部下)の個性やスキルの把握をしましょう。

その後、少しずつ自分の仕事、会社の仕事を任せてみてはいかがでしょうか?

当然、始めは上手くいかないでしょう。

失敗もあるかもしれません。

リーダーさんが何かしら、フォローをしなければならないでしょう。

それも考慮した、スケジュール管理をするのもリーダーさんの仕事ですね。

仕事にも、傾向と対策が必要です。

ただ、自分のことだけでなく、

チーム全体を考慮した傾向と対策を立てていくことが、

リーダーの役割ではないでしょうか…

仕事はある日突然は身につきません…

仕事は仕事を通してでしか、学ぶことは出来ませんね。

失敗を恐れて、仕事をしない(させない)ことは、

学ぶ機会を逃していると思います。

新人リーダーさんも後輩(部下)と一緒に、

自分の新しい仕事と役割を、学んでいく

そんな気持ちで、取り組んでみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…




07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。