ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週1週間、盛岡で研修をしてきました。

盛岡市の雇用促進を目指し、主に若年者を対象とした再就職支援事業の一環として、ビジネス実践研修を担当しました。

ビジネス実践研修とは、ビジネスの基礎知識を確認しながら実際の業務ではどのように活用するのかを自分たちで考えていく、シミュレーション型の研修です。

例えば、「会社で働く」という状況はなんとなく認識できていますが、具体的に営業が会社の中でどのような役割を果たすのか、企画とはどんなことなのか、これは実際に働いてみないと中々理解できないことが多いです。

そこで研修を通してシミュレーション(疑似体験)することで、イメージギャップが防止でき、事前に各自の課題や改善策を把握することで、スキルアップ計画が立てやすくなります。

また、これまで経験する機会がなかった事で、自分自身も気がつかないスキル(能力)を発見する方もいます。

今回の研修でも個人差はあるにしろ、受講者の皆さんは多かれ少なかれ自分の意外なスキルを発見していたようです。

その中で、私や研修運営スタッフの方々も目を見張るような変化を感じさせて、自らも意外なスキル発見をしたのがAさんとBさんでした。

お二人とも20代前半の方で、これまで軽作業のアルバイトはしていたようですが、企業でお勤めした経験は無かったそうです。

初日にお会いしたときの、お二人の印象は「おとなしい」でした。

グループワークでも、積極的に発言することは無く、促されて話をしているようでした。

私と挨拶をするときも目や顔を見ることなく下向き加減で、話す声も小さく会話をするのが苦手な印象を受けました。


私は毎回研修時には、研修日報を作成させ、その日の取り組み内容や自己課題の改善方法を具体的に記入し、翌日に活用するワークも取り入れています。

ある程度、社会経験がある方は取り組み内容や改善策について具体的な記載が出来るのですが、Aさん、Bさんは具体的な記載が少なく、内容も非常に薄いものでした。

ところが、研修が進み3日目くらいから、Aさん、Bさんに変化が出てきました。

大きな変化は自ら積極的に意見を出し、良く笑うようになりました。

また研修日報も日を追う毎に取り組み内容や課題点についての対応策が具体性を増し、内容も論理的になってきました。

Aさんは仮想の会社の社長になり、会社の代表として事業内容の取りまとめをしたり、課題点の提示などを行ない、本当にチームのリーダー的な存在になっていました。

研修の最終日は企業(グループ)ごとに、事業内容や商品提案のプレゼンテーションを行います。

グループ全員が何かしらの商品内容と質疑応答をするのですが、Aさんの説明力や質疑応答力は誰よりもわかり易く説得力がありました。

プレゼンテーション演習の感想を受講者に発表してもらったときも、ある方が「Aさんのような説明のしかたが解り易かった。Aさんのような発表の仕方をしようと思いました。」と言ってもらえるほどでした。

私自身も研修を通してAさんを見ていると、もともとのスキルとして非常に頭の回転が速く、状況判断能力が高いのだと感じました。

例えばグループワークで意見が煮詰まったり、話が頓挫したとき、始めこそ周囲からに詰まっている原因を指摘されるようなことがありましたが、徐々にAさん自ら課題点の指摘や改善方法の提案をしていくようになっていました。

察するに、これまでそのスキルを活用するチャンスが無かったことで、自分の能力に気がついていなかったようです。

Aさんは最終日の研修日報に

「頭の回転が良いと言われた事は、素直に嬉しいと感じた。少しだけ、自分に自信が持てた」 という感想を記入してくれていました。

研修を通して、自分の中の意外なスキルの発見と様々な試行錯誤がAさんの自信に繋がったようです。


Bさんは、また違った変化がありました。

私は、研修の状況によっては受講者の方々と昼食を共にしながら、様々な話をすることがあります。

今回昼食をしながら受講者の方々と話をする機会がありましたので、初日にBさんと食事をしながら話を伺いました。

「これまでアルバイトの経験しかないので、企業で働くということは全くイメージが出来ないです。

 仕事に関しても何がしたいとか、どんな風に働きたいなど考えたことは無く、将来についても漠然としています。」


この会話からもBさんの消極的さが感じられました。

ところが、仮想の会社を設立し自分たちの商品、サービスについて他の企業(グループ)に説明に行くというワークのとき、色々と事前準備をしていたはずでしたが、Bさんは殆どと言って良いほど、発言をすることが出来ませんでした。

特に、相手側から質問された内容について上手く答えられませんでした。

研修終了時の感想でBさんは「上手く説明できなかったことが本当にくやしいと思った」と話していました。

少し、気落ちをしているようにも見受けられたので、その日は特にお話はせず次の日のお昼休みに、教室で一緒にご飯を食べながら前の日のことについて話を聞いて見ました。

Bさん自身、仕事に関わる事柄で自分自身が「くやしい」と感じる出来事があったことは、本当に驚きだったそうです。

それと同時に、自分のふがいなさに落ち込んだそうです。

「でも、落ち込んでいても始まらないですよね。
 
 終わったことを考えていても時間がもったいないので、今日出来ることを
 
 頑張ろうって思い直して今日は頑張っています。」 と、話してくれました。

この時の、Bさんの顔は本当に凛々しかったです。

Bさんも声が小さい方だったのですが、徐々に大きな声で発言が出来るようになってきました。

これもBさんの成長の証だと思いました。

研修が終わるときには、お二人ともとても、初日に「おとなしい」という印象を受けた人と同一人物とは思えないほど、明るく何かを見据え凛々しい表情に変わっていました。

特に、私の顔を見て「ありがとうございました」と挨拶してくださった時には、本当にお二人の成長を感じました。

お二人を見て、改めて「自らの経験が自らの成長の糧になる」と思いました。

皆さんが今上手くできないことの多くは、経験不足からきていることが大きいと思います。

また、初めから100%の成功を目指すあまり、失敗を恐れて経験することをためらっていることも要因かもしれません。

しかし、誰でも始めは「初心者」で、その道の「職人」ではありません。

どんな「職人」でも「初心者時代」は、あったはずです。

失敗は職人になるまでの通過点「プロセス」に過ぎません。

いくつもの失敗と改善、挑戦を積み重ね、経験値が増えてこそ「職人」になれると思います。

あなたにも、眠っているスキルがあると思います。

自分のスキルを開花させるにも、まずは経験を増やしてみましょう。

経験の仕方、取り組みがわからないときはいつでもご相談下さい。

全力で応援します。 

info@jobstudy.jp



ブログランキングに参加しました。

宜しければポッチと一押し、応援してください。




それでは、また来週…
スポンサーサイト
先週、研修担当をした教え子達と、会食する機会がありました。

1年間研修を通して供に時間を過ごしてきた、彼らの近況や職場での仕事の様子を聞くことができました。

本当に見違えるように成長している人もいれば、職場や仕事について悩みを抱えている人もいました。

そんな中、Aさんから今の仕事を辞めたいという話が出ました。

Aさんは

「仕事が大変で一日中仕事している。

 朝8時から、夜12:00近くまで働くような状況がほぼ毎日。
 
 場合によっては土日も仕事をしている。

 仕事に集中して一生懸命働いているときはいいが、自宅に帰ってまた朝起きることを考えると、

 本当に憂鬱になる。

 上司からの叱責も多く、本当にモチベーションが上がらない」という話がありました。

私は、どのような仕事の仕方をしているのか聞いたところ、仕事の時間の使い方に課題があるように思いました。

Aさんは一つの仕事を終えないと次の仕事に取り掛からないそうです。

また、お客さま先を訪問するときの移動時間が多いそうなのですが、その移動時間はただ移動の時間に使っているだけで、移動しながら他の仕事をするようなことはしていないそうでした。

例えば、移動のときに他の仕事を同時にすることは出来ないの?

一つの仕事をしながら、同時に他の仕事は出来ないの?

など、色々話を聞くと、Aさん自身から

「確かに仕事で時間の使い方が下手かも…」という発言がありました。

そして…

「だから、端から見ている上司も、もう少し効率よく仕事をすればいいのにという思いから叱責されるんだろうなぁ…」

改めて、色々考えると本当に仕事の時間の使い方に課題があることを痛感したようでした。

Aさんは別れ間際に、

「もう少し仕事の取り組み方の工夫をしてみる。だからもう少しこの会社で仕事頑張ります。」

と話してくれました。

私は、本当に嬉しくなりました。

それと同時に、昔の自分を思い出していました。

私にもAさんと同じような経験がありました。

20歳そこその頃印刷会社の事務職の仕事をしていた時のことです。

当時、なぜ仕事をしなければならないのか、なぜ働かなければならないのか、まったく理解することはできず、本当にどうしたら会社を休めるのかばかり考えていました。

この当時の私の仕事は、電話応対と売上伝票を電卓で集計し、帳簿に転記するいたって簡単な内容でしたが、この仕事が大嫌いでした。

例えば50枚程度の売上伝票を5回計算して5回とも結果が違う。

やり直しが多く、他の人よりも仕事に時間が掛かりました。

帳簿に転記するときも、見間違いなどで記入ミスや、記入漏れが多かったです。

また、癖字で数字が分かり難いと、常に上司から叱責。

電話応対も、当然適当に話を聞いていましたら、連絡漏れ、聞き間違い…

典型的な落ちこぼれ事務員で、本当に会社に行くのが憂鬱でした。

でも、自分では一生懸命しているつもりでした。

頑張っていると思っていました。

でも上司が認めてくれない。

上司が意地悪だから自分を叱るのだと本気で考えていました。

しかし、今思えば作業効率が悪すぎるんですよね。

夜遅くまで仕事すること = 頑張っていることと思っていました。

しかし、本当に仕事が出来る人は仕事の時間の長さを誇張しません。

仕事は時間の長さではなく、密度の問題なんですよね。

同時進行できる仕事は無いか?

簡略できる仕事は無いか?

人に依頼することで、自分の作業効率が高まることは無いかなど、仕事を見直しすることが大事です。

短時間で、いくつかの仕事が同時進行で出来るようなれば、仕事の成果が目に見えてきます。

当然、周囲の評価も変わってくるのではないでしょうか?

4月17日のブログ「仕事の評価」でも書きましたが、仕事の評価は周囲がしてくれるものです。

自分で自分のことを頑張ってると思っているうちは、まだまだ頑張りが足りないようです。

本当に頑張っている人は自分ではなく、周囲から「頑張っているね」といわれる人だと思います。

もし、今仕事の頑張りが評価されていないと感じている方がいたら、自分の仕事の仕方を見直してみてはいかがでしょうか?

仕事は長さではなく、密度が重要です。

時間の使い方を工夫してみましょう。



ブログランキングに参加しました。

宜しければポッチと一押し、応援してください。




それでは、また来週…
今回も掲載が遅れてしまいました。

楽しみにしていただいている皆さん、本当に申し訳ございませんでした。

先週末は、東京でカウンセラー協会の勉強会と、中小企業経営者向け勉強会に参加してきました。

この中小企業の経営者の集る勉強会で企業の採用問題のお話を沢山聞くことが出来ました。

いつもは就職活動をする側の悩みをご紹介していますが、今回は採用する企業側の悩みをご紹介したいと思います。

先週、仕事では学生でのカウンセリング業務に関わりました。

そろそろ、就職活動が本格化してしてきています。

会社説明会向けのエントリーシートの添削や、履歴書の書き方などの相談を受けました。

また、

「先輩が、とにかく沢山の企業に応募しないと内定がもらえないって言うんですけど、何社エントリーすればいいですか?」

「内定がもらえても会社が倒産する危機があるので、1社では不安です。先輩たちも出来るだけ、数社から内定をもらわないと大変って言うんですが、内定は何社あれば大丈夫ですか?」


「先日X社から内定をもらったんですけど、本命じゃないので断りたいんですが、なんと言って断ったらいいですか?」

という相談も受けます。


このような相談をしたこととがない方でも、こんな経験はありませんか?

例えば 会社説明会に参加するため数社にエントリーしたとします。

後日、開催日時の連絡を受けたら、たまに同じ日時で数社会社説明会があることが判明。

でも行けるのは1社だけですね。

悩みに悩んで何社かの説明会には行かず、1社だけ参加します。


皆さんにしてみれば、別の日時にしてくれればって思うかもしれませんが、この状況のとき企業側ではどのような状況が起こっているか、ご存知ですか?

まず会場の多くは貸し会議室ですので、借りるのに費用が掛かります。

この会場費は時間と広さに比例することが多いので、広い部屋で長時間借りるとそれだけ高額の費用が発生します。

また、会社の説明会をするにも参加数に応じてサポートする人が必要になります。

人事だけでは人手が足りないときは、他の部門や状況によっては別途人事採用のサポートをする企業に費用を支払ってお手伝いをお願いする状況が発生します。

これも、お金がかかります。

A社の経営者から伺った事例を紹介しますね。

2010年度 新卒を10名採用使用と考え、会社説明会を開催したそうです。

地域でもあまり知名度がある会社ではないので、そんなに参加者は来ないだろうと思っていました。

ところが、会社説明会の参加希望エントリー数がなんと、500人。

これは大変と、会場を大きな人数が参加できるように変更し、説明会も1度のみしか行わない予定でしたが、2回に時間を分けて説明会をすることにしました。

説明会を運営するためのスタッフも手配し、このときの費用の総額は100万円ほど掛かったそうです。

しかし、実際に参加した学生は200人弱

広めの会場は全く必要なく、ガラガラの状況でサポートスタッフも不要だったそうです。

事前に参加数の変更がわかれば、会場を変更することやスタッフの人数を調整することも可能でしたが、多くの学生は何の連絡もなしに、当日無断で欠席

「今、就職難とい事を聞き、当社もそんなに余裕は無いけど少しでも社会の役に立てるならと思って、採用を考えましたが、今回のようなことが起きると正直就職できなくても仕方が無いのでは?って思ってしまう。

これから社会に出て働こうという社会人としての自覚が行動に現れていない。

こんな自己中心的な行動されるような学生を、企業は採用したいとは思えないですよ。」

と、A社の経営者は話していました。

なんとも、耳が痛くなるお話でした。

また、B社の経営者の方も…

「本当に今の学生は大人になりきれていないですよ。

 先日も人事担当者が2013年度採用の面接をしましたが、数名の学生が我が社は滑り止めだと言うんですよ。

 申し訳ないけど、滑り止めって公言する人は採用する気にはなりませんよね?

 勿論、不採用で連絡したら、何がダメだったか教えて欲しいと連絡してきたそうです。

 しかも、1人や2人じゃないそうです。

 自分で滑り止めって発言している意味を全く理解できていない。

 正直この話を人事担当者から聞いて、信じられませんでしたよ。

 応募数だけは本当に多くて、人事担当者はこの時期休み返上で、徹夜に近い状況で採用に当たっているのに…

 それでも、出来るだけ多くの学生と会って、話を聞いて悩みに悩んでやっと内定通知をだしても、内定辞退をしてくる。

 はぁ?ですよ!!

 面接で、あんなに会社に入って頑張ります。

 御社で一生懸命働きますって言っておいて、内定辞退ですよ。

 残業代だって積み重なれば凄い金額になるんですよ。

 経営者も人事も本当に悩み、時間とお金を掛けて選び出した人から、他社に行くから辞退した言って言われたら 
 本当に報われないですよ。

 全ての学生がこんな状況じゃないのは十分わかっていますけど、会社だって学生不信になりそうですよ。

 会社で一緒に働きたい、会社の未来を託したいという学生を見つけるのが本当に大変です。」


これまた、耳が痛い話ですね。

でもいずれにしても、学生の皆さんの行動が採用を困難にしている要因にもなっているように聞こえますね。

エントリーしてくる人数が多ければ、それだけ多くの書類を短時間で確認するような作業をしなければなりません。

短時間でチェックする基準は、人事担当者が読み易いか、読み難いか。

つまり応募書類が上手く書けない人ほど、面接のチャンスがない。

なお更、沢山の会社にエントリーするけど書き方が改善されなければ、結果は同じですね。

また、学生から採用結果が来るのが遅くて、不安になるという話しを聞きますが、A社やB社のお話から採用決定にまで時間が掛かっている事もお分かりになるのではないでしょうか?

これまでのブログでもお話して来ましたが、就職活動はエントリーの数ではないです。

まずは、そもそも何のために社会に出て仕事をするのかを、自分自身が明確にしておく必要がありますよね。

その上で、自分の力を活かせる仕事、自分の出来ることが人の役に立てる仕事をするにはどの会社で働くのがいいのかを考えることが、企業選択のポイントなのではないでしょうか?

会社選びは「自分は何が出来るか」「自分は何がしたか」から始める必要があると思います。

周囲の言動に流され、手当たり次第エントリーするのではなく、自分に向き合うことから始めてみてはいかがでしょうか?

自分自身で考えられないのであれば、私がお手伝いいたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。

info@jobstudy.jp

そうそう…

ついにと申しますか、やっとと申しますか…

ブログランキングに参加しました。

宜しければポッチと一押し、応援してください。



それでは、また来週…
今週はGWでしたね。

私も研修業務がありませんでしたので、これまで貯めてしまった書類の整理や個別のカウンセリング業務、今後の研修カリキュラムの作成や提案書作成などして過ごしました。

書類整理で一番時間が掛かったものがアンケート集計です。

私の研修はエージェントから依頼を頂く場合が多いので、弊社としてアンケートをとることがありません。

ただ回数は少ないのですが、弊社主催のセミナーや研修開催の場合はアンケートを実施して、参加者の声を今後の研修に反映しています。

いくつかのアンケートを整理した中で、印象深かったのがママ友Aさんの依頼で実施した保護者向けセミナーのアンケートでした。

このセミナーの開催キッカケは、Aさんとの飲み会でした。

私とAさんは保護者、塾経営という関係を越えた本当に気の合う友人でした。

何に気が合うかというと、子どもの教育方針が非常に似ているのです。

例えばAさんは宿題をしてこない子どもがいたら居残りをさせてやらせるそうです。

その結果、19:00を過ぎたとしても、それは致し方ない。

決められたことをしっかりしておかないと、後で困る

それが嫌なら、事前にすべきと終わらせないと、自分が困ることになる

それを小学校の頃から、身をもって学ばせることが大事だと考えているそうです。

私もその考え方は、大賛成。

本当に必要なことだと思います。

しかし、最近の保護者は例え宿題が終わらなくとも、17:00には家に返してくださいとか、遅くまで居残りさせないようにしてくださいと言ってくるそうです。

理由は遅くまで勉強させることがかわいそうだから…

???

話の論点が変わっていますよね

そもそも、与えられた宿題をしていないことが原因なのに、遅くまで勉強させるのがかわいそうって…

この話を聞いて、私もあることを思い出しました。

私の娘が小学校5年生の時の話です。

冬休みあけの授業参観に行ったとき先生から

「お母さん、○○さん最近忘れ物が多いので、一緒に準備を手伝って上げてください。」と言われました。

私は娘が冬休みの夜更かし癖で、夜遅くに就寝すること。

前の晩に学校の準備をしていないので、朝遅くおきで学校へ出かけるぎりぎりの時間で準備をしていることなど、

忘れ物をしている原因が判っていました。

勿論、当事者の娘もなぜ忘れ物が多いのか良く自覚をしていました。

友達もいた中でこの話をされ、娘はばつが悪そうに下を向いていました。

私は、「忘れ物が多いのはしっかり準備できていない自分が悪いのですから、忘れ物をしたら自己責任として、そのままにしてくださって結構ですよ。」

と、話したところ

「お母さん小学生に自己責任は厳しすぎますよ。○○さんは保護者のお手伝いがないとまだ準備が出来ないんです。手伝ってあげてください。」と言われました。

私は娘に「何で、忘れ物が多いのか理由はわかっているよね?お母さんが手伝わなくても自分で準備が出来るよね?」と聞いたところ、

先生が「わからないよね~ 無理だから手伝って欲しいよね~」と言い娘を見ました。

娘はもじもじしながら「手伝って欲しい…」とボソリと言いました。

私は「わかりました。では忘れ物がないように手伝います。」と話、早速その日から実行しました。

娘が学校から帰るなり、即、宿題をさせ終わるまで私が傍で見ました。

宿題が終わったら、私の目の前で学校の準備をさせました。

翌日は私が仕事から帰ったら即、テレビを消して宿題をさせました。

いつもなら、娘の見たいテレビを見終わってから自分のペースでさせていましたが、

「お母さんは先生と忘れものをさせないという約束をしたの。この後ご飯を作らないといけないから、すぐ宿題をして学校の準備をして欲しいのでテレビはこれで終ね。」と言って、テレビを消し宿題に取り組ませ、私の目の前で学校の準備をさせました。

当然、娘は不服のようでした。

このようなことを行った3日目、娘から「自分で学校の準備はします。忘れ物もしないようにしますので、もう手伝ってくれなくって大丈夫です。」と終了宣言が出ました。

もちろん宣言通り、その後忘れ物は無かったようです。

忘れものって、本人の自覚の問題ですよね。

自分で忘れないようにしようという意識が働かなければ、なくなりません。

それなのに、親が手伝わないから忘れ物するという発言は、なんとも論点が違っているように思えてなりませんでした。

出来ないと思っているからさせない。

させられてないから出来ない。

自分で出来ないから、周囲が手伝う。

いえいえ、出来ないから自分で出来るように周囲が教えることが大事なことなのではないでしょうか?

何度か自分で取り組み困ってみましょう。

困ったら、困らないように工夫をさせることが、本当に本人の成長に繋がるのではないのでしょうか?

このような話をAさんとしました。

この話をした後Aさんは是非、保護者の人に家庭での子どもの関わり方を話して欲しいということで、セミナーの開催が決まりました。

実際に保護者向けセミナーを行ったのは今年の3月です。

話の内容は、これまでブログに書いてきた、人の判断基準はその人の経験値が全てであること。

経験値が足りない人は思考力や行動力、判断力などに弱さが出て社会生活で苦労をすることが多い。

今の保護者は子どもが経験しなければならない部分まで、変わりにしてしまい子どもの経験チャンスをつぶしている。

成功体験だけでなく、困ることや失敗する経験も人を成長させるには必要なこと。

このことに年齢は関係ない。


どれだけ、自分が「困った」「出来ない」という体験をするか否かです。

「困った」「出来ない」ことが起きたら、次は困らないように、出来るように工夫する。

この工夫が人を成長させるんです。

でも、今の保護者の方は子どもが困ること、出来ないことを「かわいそう」といいます。

本当にかわいそうなのは、身の回りのことを全て親にしてもらって、何も発想できない、何も考えられない状況で社会に出された子ども達なのに…

そんな、子どもたちがどれだけ社会に出て苦労しているのかをセミナーで話しました。

そのアンケートの一部をご紹介します。

----------------

・経験の有無(量)によって、子どもの更に先のことまで関係してくるのだと強く感じました。
 失敗体験と成功体験とをバランスよく経験させてあげたいと思いました。

・現在小学校3年生の男の子の母です。とても耳の痛いお話でした。
 洋服の準備や名札などつい私がやっていました。今日来て本当に良かったです。

・失敗体験の重要なことがよく分かりました。
 普段の生活で具体的には何が変えられるか考え中です。人とは考えが異なるもの。
 いい言葉です。2人の子どもにも言って聞かせようと思います。

・私たち親の世代ではあたりあえでも、今の子どもたちは違うということに、親が気つかずに子育てを
 しているように思います。今の親に考えて欲しいと思う内容で大変参考になりました。

・自分で当たり前だと思っていることが、今の若者に欠如している現状に驚きました。
 また今、子育てしている中でもしかして自分がその予備軍を創っている可能性も疑われ、恐ろしくなりました。 子どもには、なるべく自分で考え行動して欲しと思いますし、親は見守る努力をしたいと思いました。

・主人から話を聞いたり、ニュースなどでジェネレーションギャップを感じていましたが、
 驚くことが多かったです。小学校の高学年になりましたので、もう少し手を離してみようと思いました。

・今の子どもは…と嘆く声が多いのですが、私たち大人が作り上げてきた社会の犠牲になっているのではないか、
 子どもばかりを責めることは出来ないと思いました。
 親としての役割を改めて実感させられました。

---------------

「困ること」「出来ないこと」って大事なことなんです。

だから時として、親や上司は皆さんを困らせるようなことをします。

でも困ったままでいて欲しいとは思っていません。

何とか、「困った」「出来ない」から学び、自分を成長さて欲しいと見守っているのです。

決して意地悪をしているわけではないのです。

手をださず、見守ることも愛情あってのことです。

だから、どうしても解決できない困りごとは、いつでも相談して欲しいと思っています。

私もその1人です。

皆さんを全力でサポートしますので、いつでも相談してください。

それでは、また来週…

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。