ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私事ですが、4月上旬、14年ぶりに地元石巻市に帰郷しました。

福岡に移転後、色々タイミングが合わず、ずっと帰りたいと思いながら、帰るタイミングを逃していました。

昨年の震災のときも両親や友人に対する心配や、すぐに帰りたいと思う気持ちと反対に、行って仕事に支障がでるようになってはいけないと考え、地元に帰ることが出来ませんでした。

4月7日(土)東京に出張に行っていたので、東京なら日帰りで帰れる範囲だと考え、14年ぶりに故郷に帰りました。

本当に、私の知っていた故郷の面影は無く、変わり果てた町並みを言葉無く見ることしか出来ませんでした。

そんな町並みを通り、10数年ぶりの実家に向かいました。

実は両親に合うのも10数年ぶり…

なんと言葉を交わそうか、なんとなく照れくささもあり敷居が高い気持ちもを持ちつつ、実家に向かいました。

実家に着き「ただいま…」「お帰り」、本当にこの言葉のやり取りで10数年合わずにいたという感覚がなくなりました。

滞在時間は本当に短かったのですが、お互いの心境を話し合うには十分時間がありました。


親子という間柄は本当に不思議ですよね。

何十年会わなくても、ほんの一瞬でお互いの気持ちをわかりあい、その時間を埋める不思議な力があります。

反面、その影響力の強さに自分の人生が考えられず、悩んでいる方も少なくありません。

例えば、今月上旬に相談に来たAさん

20代中ごろの男性です。

Aさんは「仕事が長続きしないで転職が多い。定職に就きたい。」というのが相談の理由でした。

色々お話を聞くと、中学の頃までの自動車の整備士になりたいと考えていたそうです。

実はAさんのお父さんも板金の仕事をしていて、お客様の車を修理している姿がとてもかっこよく憧れていたそうです。

Aさんも将来はお父さんのような仕事をしたいと考えていたので、高校も迷わず工業系の学校に進学するつもりでした。

ところがお父さんから「こんな儲からない仕事なんかするな。お前は公務員になればいいんだ。」と言われ、とても悲しくなったそうです。

お父さんから自分の存在を否定されたように感じたそうです。

Aさんはお父さんの勧めの通り高校は普通科に進学しましたが、勉強に身が入らず高校2年の中ごろからは学校に行かなくなったそうです。

その頃からお父さんとの確執も強まり、家に帰らない日が増えたそうです。

そのまま高校を辞め、友達や先輩の部屋で居候生活を行ない、アルバイトで生計を立てるようになっていったそうです。

20代になったころから、正社員で仕事に就きたいと考えてきたそうですが、Aさんが望むような仕事には就けなかったようです。

知り合いの紹介でいくつか正社員の仕事を紹介してもらい、働いたそうなのですが、1年も経つと仕事に行かなくなってしまう。

「この仕事でいいのか?」

「自分のする仕事はこれでいいのか?」

と、ずっと悩んでいたそうです。

そこで、先輩の紹介で私のところに相談にきたのだそうです。

これまでの仕事の内容や、子どもの頃からの生活の様子などを色々伺った中で、

Aさんが突然「そうか…」と、つぶやきました。

私が、「どうかした?」と聞くと

「俺、本当は自動車の整備士になりたかったんだよね…。」

と言って、先ほどのような話をしてくれました。

Aさんはお父さんと同じ仕事をしたいと、今も思っています。

でも、お父さんからは自分のような仕事をするな。

お前は別の仕事をすればいいと言われたことが、本当にショックだったそうでした。

だから、別の仕事をしてきたけど、結局「自動車の整備士になりたい」という思いが今も強くて、心の中にずっと残っていました。

でも、いまさら自動車の整備士になれるわけが無いがと、自分をあきらめさせるために気がつかないようにしていたそうです。

自分の思うような仕事につけないことは、自分の能力や経験以外にも沢山の原因があります。

特に今回のAさんのように、家族などの周囲の影響は非常に大きいですね。

このように、自分の人生設計を全く考えていないのではなく、何かの原因で見ないように、考えないようにしていることも往々にしてあります。

Aさんの場合は、お父さんとの確執が障害でした。

私は職業訓練で自動車整備士の資格を取得し、雇用創出事業で未経験者の雇用が増えていることを説明し、

今からでも自動車整備士の道を進むことも可能であることを説明しました。

ただ、雇用保険に加入していないAさんは職業訓練期間、収入が得られなくなるので家族のサポートが必要不可欠です。

一度ご両親に、今の正直な気持ちを話し職業訓練に参加することを検討してみては?

と、提案しました。

そして、先日お父さんと一緒にご挨拶に来てくれ、職業訓練を受けて自動車整備士の道を進むことに決めたそうです。

職業訓練期間は、お父さんの仕事を手伝い将来は一緒に仕事をしたいと話していました。

お父さんにしてみれば、苦労の多い自分の仕事をAさんにさせたくないという親心だったのでしょうが、

それが結局Aさんを傷つけてしまったことに、とても驚き、ご自身の言動を反省したそうです。

Aさんから職業訓練を受けたいと相談され、何年ぶりに親子でじっくり話し合いをして、それぞれお互いの思いを知ることが出来たそうです。

その上で、今回の結論を出すことが出来た、本当に良かったと親子でご報告に来てくださいました。

Aさんのお父さんは「親子と言っても全てが分かり合えるっているわけではないんですよね。

だからこそ良く話し合って、お互いの気持ちを確認しないと、大きな誤解が生じて中々修復できなくなりますね。

でも、話せば誰よりもお互いが分かり合える。面白い存在ですね」とおっしゃっていました。

勿論、どんなに話し合っても、親子の確執が埋まらないケースも沢山見てきていますので、全ての方の親子問題がこのようにスムーズに解決するとは限りません。

ただ、今の確執の根底には子を思う親心、親を思う子の心があることを忘れないで下さい。

親は子どもの思うがゆえに、子どもは親を思うがゆえに、それぞれの持論を展開し主張します。

このことが理解しあえれば、もう少皆さんの親子関係は変化するのかもしれませんね。

そのお互いの思いに気がつくためにも、是非お近くのキャリア・カウンセラーにご相談してみてください。

血縁関係や利害関係の無い、第三者に話すことで気がつくこと、見えてくることがありますよ。

私もお手伝いいたします。

お気軽にお問い合わせ下さい。

それでは、また来週…
スポンサーサイト
先週は短大のカウンセリングや就職支援講座、新入社員研修、リーダー研修など

新年度の仕事が本格的にスタートした週でした。

仕事の内容は全く異なったのですが、何故か共通したテーマが文書作成でした。

例えば短大のカウンセリング。

先週は履歴書の添削が多く、志望動機や自己PRについての文書作成の指導が多かったです。

新入社員研修もビジネスマナー研修の中で、特に時間を取ったのがドキュメント作成

議事録、報告書、研修日報の作成について…

これまで、就職活動をする方々の履歴書やエントリーシートの書き方についてアドバイスをすることが多かったので、今回は研修日報や業務日報の書き方をご紹介します。

今の時期ですと新入社員の方は研修日報や業務日報というのを作成するように上司に言われます。

これは上司が、皆さんの作成した日報を通して理解度や研修の進捗状況を把握し、仕事の割り振りを考える材料にします。

でも、多くの新入社員の方は

「研修内容は理解できた」

「研修は難しかった」

「今日はA先輩と同行してB社に訪問した。大変だった」

と、非常に簡単な内容しか記入しないので、皆さんの取り組みや理解度まで読み取ることが出来ません。

しかし新入社員からすれば、何をどのように書いたらいいのか分からないと言います。

そこで、文書作成をスムーズにする秘訣は次の3点です。

1.記入内容のテーマを決める

2.記入内容に関する情報収集をする

3.結論話法で記入する

とってもシンプルなのことなのですが、これらのことを意識せず文書作成をする方が多いので、まとまりが無い、説得力がないと悩まれるようです。

では事例を使いながら、ポイントを確認していきましょう。

1.記入内容のテーマを決める

 これは朝会社に出社したとき、今日は一日どのような仕事をするのか、
 
 研修を通して何を身につけるかを自分で決めます。

 例えば…

 「本日は5件のお客さまとアポイントを取ってご挨拶に行く」

 「本日は真っ先に電話へ出て、電話応対の仕方をマスターする」

 「仕事で使う機材のマニュアルを呼んで、見ないで操作が出来る部分を増やす」

  など、その日自分が出来そうな範囲で目標となる取り組みや行動を自分で決めておくのです。

  もちろん、後で日報に記入しますから、この目標は何かに書いておかないと忘れるでしょうね…


2.記入内容に関する情報収集をする

 1日の仕事の内容が決まったら、後はそのことを意識しながら仕事をするだけです。

 目標に対して上手くできたこと、上手くできなかったことがあったら、何かに記録しておきましょう。

 夕方日報を作成するときの資料になります。


3.結論話法で記入する

 1日の仕事や研修が終わり日報の作成する際は、結論話法という方法で記入します。
 
 1~2までの内容のまとめ方です。

 結論話法とは、結論を先に述べ後から理由を話すという話し方です。

  具体的には…

   ①結論

    これは話の中で一番伝えたいことや、「本日の業務課題は何ですか?」などの

    質問に対する答えの部分です。


    ここに、朝自分で考えた、

    「本日は5件のお客さまとアポイントを取ってご挨拶に行く」

    「本日は真っ先に電話へ出て、電話応対の仕方をマスターする」

    という課題を記入し、これに対して「出来た」か「出来なかった」かを記入します。


  《結論記入例》

   「本日は真っ先に電話へ出て、電話応対の仕方をマスターする目標を立て仕事に

    取り組み、達成することができました。」


   ②理由

    結論に対する根拠を記入します。

    「本日は真っ先に電話へ出て、電話応対の仕方をマスターする目標を立て仕事に

     取り組み、達成することができました。」

     と記入したのであれば、なぜ達成することが出来たのか、どのような取り組みを

     したことで達成することが出来たのか?

     または、なぜ出来なかったのか、どのような取り組みをして出来なかったのか?

     そのことは今後どのようにして出来るようにするのか

     などを、自分自身が行ったことや、行ったことに対する

     反省、改善策などを詳しく記入します。

   《理由記入例》

    「理由は、研修で学んだ電話応対の方法を実践したからです。

     研修では3コール以内に電話を取ることを学びましたので、

     私は1コールで電話を取るように心がけました。

     研修で学んだ手順を確認しながら、電話応対をしました。

     午後からは、研修のマニュアルを確認しなくてもスムーズに電話の応対が

     出来るようになり、敬語で戸惑うことも少なくなりました。」

   ③まとめ

    結論を強調するような書き方をして、説得力を高めて文章を締めくくります。

   《まとめ記入例》
 
    「よって、私は今日の目標である電話応対の仕方をマスターすることが出来ました。」

     このような記入をすることで、具体的に詳しい研修日報や業務日報が

     作成することが出来ます。

何か記入するにはテーマが必要です。

テーマ無しで文書を作成することが実はとっても難しいことなのです。

また、このような文書作成がスムーズに出来るようになると、人前での発表もスムーズに行うことが出来ます。

是非、積極的に取り入れて実践してみてください。

もし、個別のレクチャーや添削を希望する方はいつでもお気軽にご連絡下さい。

info@jobstudy.jp

それでは、また来週…
今回はアップが遅くなってしまって申し訳ございません。

楽しみにしていただいている皆さん、お待たせして申し訳ございませんでした。

4月3日から先週まで2週間にわたって、24年度の新入社員研修を担当してきました。

毎年お世話になっている仕事仲間、今回新しくプロジェクトメンバーに参加した方々、24年度の新入社員の皆さん、多くの方々と接し実り多い時間を過ごすことが出来ました。

毎回、新入社員研修は色々な気付きを得る仕事ですが、今年は特に「仕事の評価」という視点で考えさせられました。

皆さんは、「仕事の評価」って誰がすると考えますか?

私は、お客さまと仕事仲間からしてもらうことだと考えます。

私の仕事は企業の研修講師や、大学などの学校機関で講師をする仕事です。

一般的には受講者の理解度、満足度によって講師の良し悪しが問われると考えられますが、実はこの理解度、満足度は研修をオーダーしてくれる企業であったり、学校の意向が含まれます。

例えば学校機関から、自己分析や今後の職業選択について話して欲しい依頼されたとします。

当然、講義の内容は自己分析や職業選択についての話です。

もし受講者の反応が悪いからといって、自分の武勇伝を話しその場が盛り上がり、学生の満足度が高まったとしても学校側からは評価されず、それ以降の仕事の依頼はないでしょう。

受講者の理解度を高め,満足度を高め、なおかつ依頼主である学校の意向を組み入れて、初めて研修の評価が得られます。

企業研修であれば依頼主である企業の意向と受講者、仕事仲間の評価が入ります。

企業研修は受講者数が多いため、多くの仕事仲間の協力が必要不可欠です。

新入社員研修の仕事は前年11月頃から始まります。

例えば24年度の新入社員研修であれば23年11月頃から準備は始まり、研修テーマや企業の意向のすり合わせ、研修日程、カリキュラム作成、テキスト作成、担当講師との内容すりあわせ、研修期間の役割分担など実に多くの工程を経て研修初日を迎えます。

当然、多くの仕事仲間が準備に動き、最後の仕上げとして講師が講義を行ないます。

この講師の評価が、今回の仕事の評価全てといっても過言で無いほど重要な役割です。

多くの講師仲間が、それぞれの役割を把握しお互いに連携を取りながら、研修を勧めていきます。

予想外のことが起きても、お互いに助け合いフォローし出来る限り予定通りのカリキュラムをこなすように必死に対応します。

この連帯感や試行錯誤が仕事の質やモチベーションを上げ、仕事をよりよいものにしていくのですが今回ちょっと残念な方と仕事をご一緒することになってしまいました。

A講師と今回初めて仕事を一緒にすることになりました。

A講師は研修講師の経験があるとのこと、しかし私たちの研修は初めてのご担当になるためアシスタント講師を担当していただくことになりました。

しかし、アシスタント講師といえど研修に関わり、受講者から質問等の受け答えをするのは講師となんら変わりはありません。

何日も前に今回の研修テキストをお渡しして、研修内容を把握するようにお願いをしていました。

新入社員研修がいよいよ数日後に迫ったある日、A講師を含め今回の研修講師の皆さんと最後の研修内容の確認をする日…

A講師のテキストは白紙のままでした。

他の講師の皆さんは、研修で行うワークの手順や質疑応答で話す内容をなどをテキストに書き込み、事前準備をしてきた形跡があったのですが、A講師だけそのような形跡が全くありませんでした。

「これまで、同じような研修を行ってきたことがあり、特に準備をしなくても出来るのんでしょうね。凄いな…」

この時は、このように思いました。

ところが実施際ワークの手順に関してすり合わせをすると、全く資料を見ていただいていないようで、ワークの手順や段取りを確認するこのタイミングで、手順をテキストに記入し始めるのでした。

「こんな状況で研修は大丈夫なんだろうか…」とA講師の行動に不安を感じました。

研修が始まると不安は的中。

アシスタント講師として行って欲しい動きが一切無い状況でした。

講師から「○○を××してください。」「○○の配布をしてください。」と受講者へのワーク指示プラスA講師に作業指示をすることになり、研修時間はロスタイムがどんどん発生し、非常にタイトな状況になりました。

それでも、「明日には気がついてご自身で改善してくれるかな…」と様子を見ていましたが、一向に改善されることは無く、結局5日目の研修終了後に、アシスタント講師として行って欲しいことを再度お伝えしなければ、研修がスムーズに進めない状況でした。

しかし、その後もA講師の行動に改善は見られず、研修時間のロスタイムは様々な場面で影響し、最後にはA講師無しで研修を勧めた方が効率が良くなる状況でした。


限られた時間の中で、出来るだけロスタイムを発生しないように講義を進め、それに関して講師の負担は2倍以上に増えたそうですが、それでも、A講師にお願いするよりは研修進行はスムーズでした。

2週間の研修も無事に終了を迎えたのですが…


なんとA講師から「本来の契約以外の仕事をしたのに、自分に対する評価が低い。」と研修会社にクレームを言い出したそうです。

確かに何度かイレギュラー対応がありましたが、それはこの仕事に関わった全ての仕事仲間が同じように対応してきたこと。

まして、A講師は契約内に書かれている本来の仕事すら十分に行っていないのに、新たに加算された仕事にばかり着目して自分の仕事ぶりが評価されていないと言っているそうです。

私はこの話を聞いたとき、私が社会に出て仕事を始めたばかりの頃、上司に言われた話を思い出しました。

まだ仕事に対する姿勢もできていなく、仕事を甘く考えていた頃の私にランチを食べながら上司はこんな話をしてくれました。

「仕事は何でも出来る、器用貧乏よりプロフェッショナルを目指しなさい。

 あなたにしかできない、特別な仕事がきっとある。

 その仕事が出来るように多くの仲間を大事にして、目の前の仕事を確実にしていきなさい。

 もし、仕事をしていて自分は凄く頑張っていると感じることがあったら、

 それは頑張りの20%にしか過ぎないって思いなさい。

 本当に頑張っているならそれは周囲が評価してくれるからね。

 自画自賛の天狗は、自分の実力や能力を曇らせるだけだよ。

 お客さまや、特に同じ仕事をする仲間から仕事の評価がもらえたら、

 やっと頑張りの半分になったと思いなさい。

 仕事の評価は100%にしてはいけないよ。

 驕りがこれまでの評価を一瞬に崩すからね。

 自分はまだまだ学ぶことがあるという謙虚さがあって、初めてプロフェッショナルといえるからね。」

私はこの話に本当に衝撃を受けました。

この時から私は、今の仕事の前身となるパソコンインストラクターの仕事を極めようと思ったのでした。

その後も仕事で何かある度にこの言葉がよぎり、今では私自身の仕事に対する姿勢として当然の考えになっています。

今回A講師の言動を垣間見て、

「自画自賛の天狗は、自分の実力や能力を曇らせるだけだよ。」

という言葉が、どれだけ大事な意味があったのか、改めて確認することができた出来事でした。

皆さんの「仕事の評価」って誰ですか?

「自画自賛の天狗」になっていませんか?

もし今、凄く自分が頑張っているのに誰も評価してくれないと感じているなら、それは頑張りの20%だそうです。

本来の仕事の評価は、お客さまと仕事仲間からの評価だそうですよ。

与えられた仕事は、手を抜かず確実にしていますか?

納期や時間は必ず守っていますか?

自分の言葉と行動に矛盾はないですか?

自分では出来ているつもりでも、それが周囲に伝わらない言動をしていませんか?

皆さんも、自分の仕事に対する姿勢や評価を振り返ってみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…
先週から新入社員研修が始まり、少々緊張したフレッシュマンと1週間時間を共にしました。

研修は通常の勤務時間帯で行われるので、お昼休憩を含めて8時間以上拘束されます。

企業の研修は専門的な話の内容が多く、講義に進行も非常に速いです。

少しでも聞きそびれると、あっという間に話が進んでしまいます。

これは企業の意図として、研修内で話した事は最低限業務で活用して欲しい、仕事のスピード感もこの程度の速さで仕事を処理しないと仕事が終わらないことを理解して欲しいとのことでした。

しかし、このような意味が含まれていことを感じている方は少ないと思います。

受講者の皆さんは、このスピード感や研修内容のボリュームの多さ、何より大学自体とあまりにも違う生活サイクルに受講者の皆さんは少々お疲れのご様子です。

その疲労の理由は、大学時代のマイペース生活が大きく影響していますね…

学生の頃は行きたいときに大学に行き、休みたいと思えば単位に支障のない範囲で休む。

講義がつまらないと思えば講義中でも見つからないように寝る、友達と話す、携帯でメールをしたり、ゲームをしたりする…

そんな生活を4年間送ってきた学生の方には、この研修は非常に辛いようです。


でも、本来であれば各自が自分で仕事の合間に自主的に勉強すべき内容を、研修時間を設け学ばせてくれます。

これは、実際業務に就いてから様々な経験をするより、研修の段階で様々な経験を積んでスキルの向上に努めて欲しいと考えているからです。

実際に、大学で資格を取得したりある程度の知識があっても、その知識と実務の状況が連動していなくて、活用しきれない事が多々あります。

その例の一つが敬語ですね。

就職活動の一環で敬語を覚え、面接試験をクリアして気はずなのに、実際の業務を想定した電話応対では、言葉に詰まる、友達のような話し言葉をして指摘されるなど、予想以上に出来ない自分に愕然とする方も多かったです。


知っていても使えないなら意味がありません。

講義で話したことは、即業務で活用して欲しいのです。

その理解度を深めるために、研修はワークが中心です。

ワークのヒントは、事前説明した講義の中に隠れています。

しかし、ストレートにこの講義内容がワークのヒントになるとは言いません。

これも、受講者の皆さんに感じて欲しい内容の一つなんです。

人の話を聴き逃す、鵜呑みにするのではなく、

「なぜそうなのだろう」

「どうしたら○○出来るのだろう」

考え、自分なりの結論を出しながら取り組む事が大事なのです。

表面的な説明や行動だけを見ていると、中々自分のスキルは向上しません。

是非、今与えられている仕事の状況、課題の意味を考えてみましょう。

その中に、企業や周囲の方々から皆さんに対するメッセージが含まれていると思います。

全ての仕事に意味と使命があると思います。

その意味と、使命が見出せたなら皆さんの研修や仕事に対する姿勢は変わるのではないでしょうか?

全ての事に意味があり、無駄なことは何もないと思います。

皆さんに与えられた課題は何ですか?

その意味を考え、自らの成長に繋げてみましょう。

それでは、また来週…
いよいよ4月ですね。

新年度がスタートし、本日から新しい職場、新しい環境で過ごす方がいらっしゃるのではないでしょうか?

先週は、新しい研修の打ち合わせが多く、社内教育についてお話しすることが多かったです。

企業の経営者や人事のご担当の方などに、お目にかかりました。

その際皆さんの中で聞かれた言葉は…

「今の若い子はどうにかならないかね…」

お話を伺った、経営者の方々から見れば色々と未熟な面が気になるご様子でした。

このようなお話を伺うたびに…

「今の時代、社員教育は見て覚えて頂く時代から、教え教育する時代なんですよ。」

と、お話しすると

多くの方々は

「先生、仕事っていうのは見て覚えるんですよ。教えている時間なんか無いですよ。」

と、おっしゃります。

確かに私を含め、多くの経営者の方々は仕事を見て覚えてきたと思います。

それは、自分で何か新しいことを始めるときは、周囲の状況を見て覚えるものだという、幼い頃からの習慣や、体験がベースにあったからだと思います。

しかし、今の学生や新入社員の方々は、幼い頃から見て覚えるというより誰かに教わり、ながら学んだ経験が殆どだと思います。

このような経験しか持ち合わせていない方に、見て覚えなさいというのは、中々難しいことなのです。

むしろ、どのような事を注目し、見て覚えて欲しいのか一度説明をして欲しい考えていると思います。

しかし、これは彼らが無能だからではなく、彼らを取り巻く社会の環境が変化したことが要因なのです。

私たちの日常生活は日々進化しています。

30年ほど前はコンビニなど無かった時代でしたが、今はコンビニがあるのは当たり前。

世の中はどんどん便利になって、携帯電話のICカードを使って電車やバスにも乗れるような時代です。

社会環境が変わっているのですから、当然人の暮らし方も変わり価値観も変わって来ています。

しかし、その人を教育する価値観やシステムが、昭和の初期とあまり変わらない方法で続けている会社もあります。

もちろん、企業という組織に入ればその企業の考え方に社員も染まる必要はあります。

これは、組織を強く大きくする上で必要なことです。

ただ、その組織に馴染むための教育方法は、少々変えていく必要があると感じます。

新入社員の皆さんは、自ら積極的に入社した組織に馴染めるように取り組みましょう。

企業の育成担当の皆さんは、見ていれば分かるという教育の仕方ではなく、簡単な行動のアドバイスを掛けていただければ、新人の方々もちゃんと行動します。

お互い「分からない」「分かってもらえない」と嘆く前に、相手がどのような考え方をしていて、どのような行動をして欲しいと話し合えば案外問題は簡単に解決するのではないでしょうか?

新年度のスタートです。

新しいメンバー、新しい環境で、新しい自分を見つけてみてはいかがでしょう?

それでは、また来週…

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。