ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月26日、27日「東北関東大震災」復興支援活動として、就職に関する相談会を実施しました。
友人の紹介ということで、両日お一人ずつカウンセリングにお越しいただけました。

お二人とも現在求職中で履歴書や職務経歴書の書き方、面接でのアドバイスが欲しいというご相談でした。

被災者ではなかったそうなので、カウンセリング終了後、カウンセリング料を募金していってくださいました。
ご協力に心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

さて、お二人の内容ですが…

Aさんは30代中ごろの専業主婦です。ご主人がご病気になり、今後のことを考えるとAさんが家計を支えていかなければならないそうです。
大学を卒業して2年ほど会社で仕事をしてきましたが、その後は専業主婦で全くスキルが無いので、どのように仕事を探したら良いのか分からないというお話しでした。

Bさんは30代後半です。学生時代から飲食業で働いていて、現在まで通算16年ほどの経験があるそうです。これまでの仕事は全てパートやアルバイトで、正社員の経験が無いここと、転職回数が多いことを気になさっていました。

年齢的なことも考えて、正社員で長く働きたいが中々仕事が見つからない。
履歴書にもどのように書いたら良いのか分からないとの事でした。

そこでご要望通り、ご自身の仕事で使えるスキルを明確にして、履歴書の志望の動機や自己PRに記入できるスキル探しを中心にカウンセリングを行うことにしました。

お二人に共通して言える事は、自分はたいした経験や能力がないと思っていらっしゃることです。
でも自覚していないだけで、実はお二人とも仕事で活用でき、十分アピール材料になるスキルをお持ちなんです。

例えばAさんに
「本当に家事だけで何もしてきていませんか?」と聞くと

「そうですね。子どもが保育園の時から何かと役員を頼まれたり、小学校でもPTAの役員が忙しかったので、その他は何もしていません。」

とおっしゃいました。

私が「保育園の役員や小学校のPTA役員は大変ですよね。学校の先生や色々な保護者の方と意見を合わせて行事を実行するので、意見の調整が難しく無かったですか?
何かご苦労だったり、Aさん自身、話がまとまるように工夫したことは無かったんですか?」

とお伺いすると

「そういえば…」

と言って、ご自身が周囲の人と波長を合わせながら、意見のとりまとめをしてきた工夫を話してくださいました。

この周囲の方々に配慮しながら、意志の疎通が図れるスキルは仕事でも十分活用できます。

また、Aさんは保育園や学校の依頼で、ホームページを作った経験があり、そのときもう少し専門的な知識があればと思ったことも話をしてくれました。

これも、アピールができるスキルです。

このスキルをどのような仕事で活用するかによって、アピールの仕方が異なる事などをお話しました。

Aさんのご主人の病気は今すぐに悪化するという、ご病気ではないそうです。

ご自身の行いたい仕事をもう少し考え、仕事によってはそのスキルを強化する職業訓練などの参加も検討してみる事をお話しました。


Bさんも同じで、アルバイトやパートの経験しかなくても、そこでどのような仕事の仕方をしてきたのかを詳しく伺うと、仕事の段取りの仕方や周囲の方々と協調しながら仕事をするスキルを持ち合わせていることが明らかになってきました。

また、Bさんは仕事に対する拘りと言うか、大事にしている事があり、その条件が満たされなければ仕事をしていても長続きしないという話も伺えました。

その拘りを書き出していただきました。

その中には、Bさんの人柄や仕事に取り組む姿勢を読み取れる要素が出てきました。

この要素をアピールポイントして、自己PRや志望動機に記入することができます。

今回のお二人のように自分が仕事以外でも、してきたことを自分の言葉で説明をしたり、文章で書き出すことで、より強く認識することが出来たとおっしゃっていました。

また、仕事選びで重要だといっていた当初の希望とは、全く別の条件や仕事に対する価値観に気が付き、その条件がクリアにならないと応募したいと思えないというお話も伺えました。

何も無いわけではなく、自分で気が付いていないだけのようです…

仕事に対する拘りやスキルの認識などは、ご自身では中々分からないと思います。

キャリア・カウンセリングを行うことで、見えてくるものがあります。

みなさんも自分が意識していないスキルの掘り出しや、仕事に対する拘りを明確にして、履歴書や職務経歴書でPRしてみませんか?

4月2日(土)13:00~18:00 カウンセリングを実施します。

今回の方々のように、チャリティーカウンセリングとしてのご参加も大歓迎です。

ご参加を心より、お待ちしております。
スポンサーサイト
未曾有の大災害「東北関東大震災」から1週間がたちました。
被災された多くの皆様には心よりお見舞い申し上げます。

私も前回家族と連絡が取れないと記載しましたが、お陰様で3月16日に弟から連絡があり、両親と弟家族の無事が確認できました。
ご心配頂いた皆様本当にありがとうございました。

弟は、早速ガソリンスタンドで働き始めているそうです。
メディアからは連日、被災された方々の現状やそれに向けた支援の輪の広がりが報道されています。
商品を製造する企業は急ピンチで商品の増産に力を入れ、ライフラインを提供する企業は不眠不休で復旧に尽力しています。

群馬の温泉旅館では、被災者を無償で受け入れるサービスを始めています。

AID for BED 四万温泉 by柏屋旅館

本当に、日本が一丸となって、復興への道が開かれつつある事が感じられます。

今日もある被災者の方が「助け合いでしょう。人は一人では生きられないからね」というコメントをおっしゃっていたのが本当に印象的でした。

弊社でも何か皆様のお役に立てることが無いかと考え、
-Work for support-「東北関東大震災復興支援!就職無料相談会」を実施いたします。

このサービスは先日のカウンセリング業務での出来事がキッカケでした。

40代の男性で再就職を希望する方のお話を伺ったときです。

初めの相談は「仕事が中々決まらない」というご相談でした。

よくよくお話を伺うと…

「離れて暮らす両親が地震で被災し家を失って避難所にいる。両親は体が丈夫ではないので、福岡に呼び寄せたい。しかし、今の生活状況では呼び寄せた後、両親を支えていけるかどうか不安なので、今以上の高収入の仕事を探したい。」

彼もまた被災者で、様々な不安を抱えていました。

彼以外にも再就職希望者、就活の学生、会社員の方々など、多くの不安を抱え悩んでいらっしゃる方が沢山いらっしゃいました。

こんな時だからこそ、一人でも多くの方々の不安を解消し、仕事に就く後押しをしていきたいと存じます。

そこで、下記の通り、就職支援の無料サービスを提供いたします。


     記


-Work for support-「東北関東大震災復興支援!就職無料相談会」

・日時:3月26日(土)13:00~18:00
    3月27日(日)13:00~18:00
    4月02日(土)13:00~18:00
・場所:博多ビル 8F 株式会社Campanula
     
    福岡市博多区博多駅中央街8-36

博多ビル住所

・申込方法 メール:c.gondo@campanula.co.jp(24時間受付)
      TEL:092-477-6387(10:00~17:00受付)
      Fax:092-418-7034(24時間受付)


・職種選択や、仕事の関わり方に不安を抱いていらっしゃる方であれば、何方でもご参加できます。
・相談だけでなく、自己分析、進路・職種の選択、エントリーシート・履歴書の添削、面接練習のお相手など
 様々なご要望にお応えします。


※一人でも多くの方のご相談を受け付けたいと存じます。
 出来るだけ事前にご予約をいただけますと、会場の準備やカウンセラーの手配できますので、
 待ち時間がなくご相談がスムーズになります。

※ご予約無くお越しの場合は、カウンセラーの状況によって多少お待ちいただく事がございます。

  予めのご予約をお勧めいたします。

※担当するキャリア・カウンセラーはCDAまたは産業カウンセラーの有資格者が担当いたします。
 また、守秘義務の観点からお話いただいた内容は第三者に情報提供することは致しません。

どうか、一人で悩まないで下さい。
皆様のお話を、私達キャリア・カウンセラーにご相談下さい。





- チャリティーカウンセリング開催 -

今回、被災者支援での無料カウンセリングを実施いたしますが、被災されていらっしゃらない方でも、就活や職場での悩みをお持ちの方がいらっしゃるかと存じます。
そんな皆様も、カウンセリングに参加なさいませんか?

カウンセリング料は有償ですが、金額の設定は致しません。
会場に募金箱を設置させていただきます。
皆様の善意を、カウンセリング終了時に募金箱に入れていただければ幸です。

チャリティーカウンセリングの開催日

・日時:4月10日(日)13:00~18:00
・場所:博多ビル 8F 株式会社Campanula
     
    福岡市博多区博多駅中央街8-36

博多ビル住所

・申込方法 メール:c.gondo@campanula.co.jp(24時間受付)
      TEL:092-477-6387(10:00~17:00受付)
      Fax:092-418-7034(24時間受付)

※担当するキャリア・カウンセラーはCDAまたは産業カウンセラーの有資格者が担当いたします。
 また、守秘義務の観点からお話いただいた内容は第三者に情報提供することは致しません。

※この日程以外でも相談のご要望があれば承ります。
 
 自己分析、進路・職種の選択、エントリーシート・履歴書の添削、面接練習のお相手など
 様々なご要望にお応えします。

 まずは、お問い合わせ下さい。






- 募金のお願い -

この活動にご賛同いただけます皆様から、募金のご協力をお願いしたいと存じます。
お預かりしました募金は、全額この活動を実施する上で必要となる経費に当てさせていただきます。
各、カウンセリング開催日に会場の募金箱に募金をしていただくか、下記の口座までご入金頂ければ幸です。

災害復興 就職支援に関する募金のご送金
恐れ入りますが、下記口座までお振込み願います。

-銀行振り込み-

  みずほ銀行 福岡支店
  普通預金 2690545
  口座名:株式会社 Campanula
        カ) カンパニュラ)


-郵便振り込み-
  記号17480 番号70024241
  口座名:株式会社 Campanula
        カ) カンパニュラ)


※恐れい入りますが、お振込み手数料は皆様でご負担願います。

弊社が出来ることはとても限りがあり、小さな力です。
皆様のご理解とお力添えにより、一人でも多くの仕事に悩める方々を支えていくことが可能になります。

皆様のご支援・ご協力を心よりお待ち申し上げます。



2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震発生

地震や津波の影響で多大なる被害が出ていますね。

私の出身地、宮城県石巻市も被害を受けているようですが、テレビやラジオからは詳細情報は伝わってきません。

両親、弟を含め地元の友人とも連絡が取れません。

福岡に居る自分は地元に行く事もできず、ただただテレビにかじりついて、地元に関する情報が無いかを探すしかない状況です。

心が折れそうで、自分の無力感に襲われます。
近隣の町の映像を見る度に、最悪の事を考えてしまいます。

情報が無いということは、こんなにも心細いものなのかと改めて痛感しました…

でも多くのお取引先の方、友人、教え子達から沢山のお見舞いの電話やメールを頂きました。

ちょっとでも、参考になればと私の地元に関する情報を提供してくれました。

主人や、娘も励ましてくれました。

自分の事を考えてくださる方々の存在が、折れそうな気持ちを支えてくださいました。

本当に嬉しかったです。

何気ない一言や気遣いの言葉ですが、折れそうな気持ちを支えるには十分な力がありました。

被災されていらっしゃる方の、心中はいかほどかお察しするに余ります。
どんなお言葉をかけて良いのか、本当に言葉が見つかりません…

もし、人と話すことが苦手で無い方がいらっしゃったら、お隣の方に声をかけてみませんか?

あなたの、その一言で相手を元気付ける事が出来るかもしれません。

言葉には、気持ちを元気にする不思議な力があります。

その不思議な力を信じ、この極限状態を乗り越えられますことを心よりお祈り申し上げます。

被災した全ての皆様にお見舞い申し上げます。
今回は「自信」という内容でお話します。

今週は大学3年生や、再就職希望者の方のカウンセリングや、既に就職している方のマナー研修などを行いました。

その仕事中で多く聞いた言葉が「自信がない」でした。

お目にかかる方々から

「就職する自信がない」
「書類選考に通る自信がない」
「面接に自信がない」
「就職してもずっと働いていく自信がない」
「新しい環境に馴染める自信がない」



この「自信がない」の言葉の裏には、新しいことへの不安が隠れているんですよね。

「自信」とは自分で自分の能力や価値などを信じることですよね。

自分を信じる根拠は「これまで自分が経験したこと、知っている事」を基準で考えます。

「自信がない」という方々は、

・自分がこれまで経験した失敗事例に当てはまる事
・これまで経験した事の無い事
・全く想像が出来ないよう事柄

が該当すると、「自信がない」とおっしゃいます。

新しいことに踏み出すことは、誰でも不安ですね。

でも、新しいことの中から、少しでも自分が経験してきた事、知っている事を見つけると、ちょっと「出来るかも」という気持ちが出てくると思います。

この「出来るかも」が「自信」の種になります。

今週、某大学の2年生 B子さんからインタビューを受けました。

B子さん:「就職活動に自信がないです。なにをしておけば良いでしょうか?」

私:「就職活動は、自分を良く理解する事と、仕事の特性を知る事が基本です。
   自己分析や、企業研究はしていますか?」

B子さん:「していません。どうしたら良いか分からないので…」

私:「それでは、自己分析をしてみましょう。…」

この後、やり取りをしてB子さんの「自信がない」の要因が「自分の特性が分からない事の不安と、進路の不明確さ」だったことが分かりました。

そこから、B子さんの取り組んでいく事や、今後やっておいたほうが良い事などをアドバイスしました。

私が「就活できそう?」と聞くと

B子さんは素敵な笑顔で、うなずきました。

B子さんは「出来るかも」が見つかったようです。

B子さんをご紹介くださった、Cさんから「占いのようですごいです。という感想がありましたよ。」とメールを頂ました。

カウンセリングは、占いでもなんでもないです。(笑)

B子さんの気が付いていな、見えていない「出来るかも」を一緒に探してあげただけです。

「自信がない」と思っている方、あなたにもきっと小さな「出来るかも」がありますよ。

ただ、一人では中々気がつけないし、見つからないかもしれません。

そんな時は是非、お近くのキャリア・カウンセラーにご相談してみてください。
一緒に探してくれますよ。

皆さんの「出来るかも」が見つかることを、心から応援してます。

それでは、また来週…

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。