ジョブスタディ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎回、塾長週記をご覧いただき、誠にありがとうございます。

「楽しみにしています。」という、お声をいただけると

本当に嬉しい気持ちでいっぱいになります。

本当にありがとうございました。

このブログを始めた、きっかけは

教え子の

「こんなことで悩むの、自分くらいですよね。」という一言でした。

皆さんの日常の悩みは多くの方にも共通点があり、

皆さん同じように悩んでいました。

悩むことは悪いことではないです。

あたなただけじゃない…

一人じゃないよ…

少しでも、元気になって欲しい。

少しでも、悩みの解決のヒントになれば…

そんな気持ちで、仕事で感じたこと、気がついたことをお伝えしてきました。

時は流れ、その時の教え子は社会人

1人で始めた会社の仕事も、今は4名のスタッフと一緒に仕事をするようになりました。

仕事の内容も少しずつ変化し、

学生や社会人の教え子の悩み、お伝えしたい内容も少しずつ変わってきました。

現在弊社のホームページをリニューアル中ですが、

それに併せてこのブログもリニューアルしようと考えています。

そこで、しばらくブログをお休みさせて頂きます。

10月上旬から中旬にかけて弊社のホームページと併せてリニューアルオープンいたします。

それまで、少しの間更新がありませんが、

新たな視点で働くこと、仕事の仕方について

お伝えしていきたいと思います。

是非、リニューアルのブログをお楽しみに…

それでは、また…


そえれでhまた来週…
スポンサーサイト

最近の研修業務を通して、「ある傾向があるなぁ…」

と、感じています。

それは…

面白い、参考になったという評価になる研修

参加者が新しい知識をえら得るような、知識習得型研修


つまらない、参考にならないという評価になる研修

グループワークやグループディスカッションのような

意見交換や自分の意見を発表することが多い研修

または、

実務の状況を設定して、シミュレーションを行って

対策の疑似体験をする研修




自分の知らない新しい知識を得ることが学びで、

既に知っていることの活用の仕方を学ぶことは、学びとは思っていないよう…


ん~

知識があっても実際の活用の仕方がわからなければ、

知識がないことと一緒なんだけどなぁ…

その知識を、どのような場面でどんな風に使うのか

自分以外の人は、どんな風に活用しているのか

それを参加者同士で、話し合い、練習することで知識の活用幅が広がるのですが、

このように感じられない方がちょっぴり増えています。

「そんな回りくどいことをしなくても、1つだけやり方を教えてくれればいいのに…」

「自分の関係の無い仕事の人の話なんて、活用できるわけ無い。話し合いなんて時間の無駄。」

「考える必要なんてないですよね? いわれたことだけすればいいし、

 もう既に知識もあるし、仕事でも問題なくしてます。

 なのになんで、わざわざ混乱するような状況作って練習するって意味がわからない…」

と、いうコメントが…

研修に参加したご本人たちはそのように感じるのでしょうが、

周囲の方はそのように思っていないのかも…

先日ある経営者の方から、次のような相談を受けました。

今年の4月、相談者のが経営しているA社に、大学を卒業して事務職担当でBさんが入社しました。

Bさんはとても真面目で、勉強熱心だったそうです。

大学の授業や独学で簿記2級を取得していました。

しかし今年4月入社ですから当然、実務経験はありません。

先輩社員細かく仕事のことについて教えていたそうです。

3ヶ月ほど過ぎて、そろそろ仕事を任せてみることに…

先輩社員「今まで教えてきたことだから、できるよね?」

Bさん「はい。頑張ります。」

先輩社員はBさんに仕事を任せ、しばらく様子を見ると

仕事が進んでいない様子…

先輩社員が

「何かわからない?」と聞くと

Bさん「前から思っていたんですがこの仕事のやり方、

    学校で習ったやり方じゃないから、途中でわからなくなるんですよね…

    私が覚えられるように、やり方を変えていいですか?」



このように、すべての仕事に対して、Bさんの知識基準で進めようとするそうです。

今はまだ、簡単な内容なので多少手順を変えることは許しているそうですが、

業務上、Bさんの経験値では知りえない対処方法も沢山あります。

その際、Bさんの知識基準で仕事をされたときに、大きなトラブルになるかもしれない…

なんとか、Bさんの仕事の仕方を変えて欲しいとのご相談でした。

Bさんも「知っている(知識がある)」=「できること」と

考えているようですが、

知識の活用方法に課題があることに、気がついていないようです。

Bさんのように、自分が学んできた知識が全て。

それ以外の方法を説明しても

「自分のやり方ではない」と思うと、話を聞かなくなったり、

自己流を通そうとします。

でも、その時必ずしも上手くいくとは限りません。

先輩社員はBさん同様の知識から、様々な業務を通して

レクチャーする内容に至ったわけです。

知識だけでは太刀打ちできないことを、既に実践済みなんですよね。

そのアドバイスを軽視したり、無視して我流を通すのは少々もったいないのではないでしょうか…

Bさんに限らず、人は自分自身が経験してきたことでしか物事の判断ができません。

経験をしていないことは、発想することができませんし、対処方法も思い浮かびません。

どんなにすごい知識があっても、実際に使う場面を想定し、

使い方がイメージできなければ、知識は役に立ず、「できること」にも繋がりません。

仕事は自己完結するものではありません。

常に周囲の人から、仕事を依頼され、それを別の誰かにまた渡していきます。

人が変われば、仕事の頼み方、仕事の渡し方が異なります。

仕事の頼み方、渡し方を変える時、

資格取得や仕事を通して学んできた知識が必要になるのではないでしょうか…

知識だけあっても、仕事がスムーズに進まなければ上手に活用していると

いえないような…

その経験値を、仕事だけでは高めることが難しくなっています。

研修はその足りない経験値を高めるトレーニングの場です。

皆さんの知識を、どのような状況でどんな風に活用するかをイメージし

行動のシミュレーションをしておくことも必要です。

新しい知識を高めることも必要ですが、

その知識の活用方法を学ぶことも大事です。

「知っていること」=「できること」になるよう、

沢山の人から、知識の活用方法を聞き、自分で実践する。

そんなサイクルを仕事中につくってみてはいかがでしょうか…

皆さんのすばらしい知識も、社会の中ではまだほんの一部にしか過ぎません。

もっと効率のいい方法、

もっと簡単な方法があるかもしれません。

その知識の使い方を、先輩社員や周囲の方々から学んでみてはいかがでしょうか?

それでは、また来週…



今回は、弊社の近況から…

最近、お陰様でJobstudy.jpの社員研修が少しずつ増えてきました。

Jobstudy.jpの社員研修は、社員の説明力や指導力強化を目的に実施します。

しかし、それだけでなく研修の一環で学校機関に出向き、

自社の事業内容の説明と自分の仕事を体験してもらうことも含んでいます。

研修のテーマは、「会社の社会的な役割」「仕事の必要性」です。

自分の会社のこと、自分自身の仕事のことをテーマにして

未来の担い手となる子ども達を相手に、仕事の内容を説明し体験指導をします。

ご参加者いわく…

「めちゃくちゃ大変で、楽しい研修」だそうです。


大変なことは

子どもに仕事の説明と、体験内容を考えること。


「会社の社会的な役割は何か?」

「なぜ、この仕事は必要とされているのか?」


このようなことを考えている方は少ないようで、中々説明が出来ず、皆さん苦戦されています。

確かに

改めて、自分の会社の役割や、自分って何でこの仕事しているのかなど聞かれても…

わかっていそうで、結構わからないものかもしませんね。


では、お仕事をしている皆さん

皆さんの会社の社会的な役割とは、何でしょうか?

皆さんの仕事はなぜ必要なのでしょうか…?



そんなこと、一言で答えられないですよ。

色々な仕事があるんだから、そんなの簡単に答えられない

そんな声が聞こえてきそうです。



確かに色々な仕事がありますし、様々な理由があると思います。

でも会社の役割や、仕事が必要な理由は

どのような仕事でも1つのような気がします。

それは…

「困りごとの解消」ではないでしょうか?

仕事の原点って、「困りごとの解消」ですよね。

自分の出来ることを、出来ない人の代わりにすることです。

野菜が作れない人代わりに野菜をつくってあげる

魚が取れない人の代わりに魚を取ってあげる

こんな、シンプルなことが仕事の原点なのではないでしょうか?

ただ最近、多種多様な困りごとが増えて、色々なお手伝いが必要になりました。

助けて欲しいことが増えたのと、一見簡単そうなお手伝いが増えました。

例えば、

昔、野菜を食べたいけど野菜が作れないという困りごとがありました。

なので、野菜を作るというお手伝いをすれば、

困りごとは解消されました。

しかし今は、野菜を食べるに沢山の困りごとがおきています。

例えば

野菜が作れない

野菜をそのままでなく、加工して食べたいけど加工が出来ない。

野菜を出来るだけ一度に沢山食べたいけど、毎日食べるのが大変

出来るだけ、野菜だとわからないようにして食べたい

など、

この困りごとの数だけ仕事があるのです。

時代は変わり、沢山の困りごとが起きています。

それを、皆さんお仕事は解消するお手伝いをしています。

この世の中に、いらない仕事なんて存在していません。

是非、仕事の役割を考えてみてください。

まだ、自分の役割、仕事の必要性が見えていないという皆さん

その仕事を始めて間がないのでなないでしょうか?

その仕事事体が新しい取り組みで、前例が無いことではないでしょうか?

仕事の必要性がわかるには、長い時間がかかります。

特に、今の困りごとではなく

未来の困りごとを予測して取り組んでいる仕事は

中々多くの人に理解してもらえないようです。

弊社のjobstudy.jpも企業の人材育成の困りごとを

解消したいと想い始めた仕事です。

ただ、企業の人材育成だけを問題解消しても、

未来の担い手となる子ども達も同じような困りごとが起き

困りごとの根本的な解消にならないと思いました。

そこで、社員教育の一環で子ども達に職業教育を行うことで

今の社員に対する課題と、未来の子ども達に対する職業教育を同時に行うという

研修プログラムを開発し取り組んでいます。

でも、未来の困りごとを解消とする仕事は、

結果が出るのが遅いので、中々評価していただきにくいですし、

本当にこの仕事をして良いのか不安になります。



先日、ある会合で

株式会社ユーグレナ

代表取締役 出雲 充氏の講演を聞きました。

出雲 充氏はユーグレナ(和名:ミドリムシ)を活用した、

栄養食品の開発やバイオエネルギー開発に取り組んでいました。

2005年8月に創業され、今でこそ東証に上場する企業になったそうですが、

本当に大変なときがあったそうです…

出雲 充氏の情熱と、これまでの取り組みを聞きました。

その中で印象的な言葉がありました。

「たとえ今、成功率が1%の確率しか無いことでも

 同じことをもう一度繰り返すと、成功率は1.99%に確率が増えます。

 3回目、4回目と同じことを繰り返していくと
 
 459回目には成功率は99%になります。

 大事なことは、諦めずにやり続けていくことです。」

困りごとの解消が仕事です。

解消して相手に喜んでもらえるから、頑張ろうって思いますよね。

でも、未来の困りごとはまだまだ、表面化していないので

中々、喜んでももらっていることが実感できません。

それでも、やり続けていくと

喜んでもらえる人が増えてきます。

Jobstudy.jpの社員研修も未来の困りごと解消のために取り組んでいます。

3年前に始めたときは、本当にわかってくださる企業は少なかったです。

でも今少しづつですが、喜んでくださる企業が増えています。

これからも、未来の雇用問題、就労問題を解消するお手伝いをしていきたいです。

皆さんの会社の役割はなんですか?

皆さんはどのような困りごとを解消する為に、仕事をしていますか?

どんな困りごとを解消する為に、就職して働きますか…?

未来の困りごとが解消出来るか

自分が出来ることを考えてみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…

先日お会いした企業の人事担当者の方からこんなお話を伺いました。

「新入社員に仕事の仕方などで、アドバイスをすると

 色々なことをいわないで、答えだけ教えてください。といわれる。

 なぜ、答えなんだろうね…」



そう言われれば、最近研修をしても

「答え」とか

「正解は…?」という言葉をよく聞きますね…

たとえば、電話応対の研修での出来事です。

私の電話応対研修は、自社で先輩や上司の電話のやり取りを思い出してもらいながら

電話応対の台詞を文章を書いてもらいます。

その上で、ペアワークで電話の受け方、掛け方の練習をします。

あるペアーの出来事

Aさん「お電話ありがとうございます。 株式会社○○のAです。」

Bさん「お電話ありがとうございます。○○のBです。」

というやり取りをしました。

この時、2人から

「株式会社を付けるのと、付けないのどっちが正解ですか?」

と質問されました。



このような場面「正解」を聞かれたのは初めてでした。

私「どちらも会社の上司や先輩の受け答えで行っていれば、それでいいです。」

と、説明しましたが納得していただけなかったようでした。

別の研修で、グループワークをしたときのこと…

抽象的なイラストを用いて企業のPRポスターを作ります。

抽象的なイラストは地球儀がモチーフなので地球にしか見えない場合あります。

でも視点を変えてみると様々な模様に見えます。

更にキャッチコピーのような言葉が一つ加わるだけで、

本当に企業をPRするポスターのように見えます。

この研修の意図は

・物事は様々な見方ができること

・自分が思っていることを、自由に発言すること

・相手の意見を否定せず、意見を取り入れて自分の発想を広げること

・沢山出されたグループメンバーの意見を一つにまとめ、作品として完成させること

このことは実施後に解説をしますので、受講生がワークに取り組んでいる間は説明はしません。

制限時間の中で、各グループ抽象的なイラストをポスターとして完成させは後は、

全グループのポスターを張り出します。

その後、どんなメッセーを込めたポスターなのか、代表者に説明をしてもらいます。

説明後、よいと思ったポスターに参加者全員が投票

NO1の作品を選びます。

NO1の作品が決まった後、各グループでこのワークを通して感じたこと

気がついたことを話し合います。

「人の見方って色々で、みんな同じじゃないことに気がついた。」

「見方が違うから、しっかり自分の考えを説明しないと伝わらないと思った。」

「自分が発想できないことでも、他人の話を聞くとイメージが広がった。」

など…

私が説明をしなくても、しっかり意図を感じてくれている人がいます。

しかし、中には

「で、あれが正解なの?」

「どうみたら正しいのか解説してくれないから、意味がわからない。」

という人が…

ん~

何をもって「正解」って考えるのかな…

仕事って自分が基準ではないんですよね。

相手が

「わかりやすい」

「使いやすい」

「居心地がいい」と感じることをする。

そのれは、三者三様の感じ方があり、方法があると思います。

「正解」という考えにとらわれると、

三者三様の対応ができないのではないでしょうか?

実際の仕事でも、大まかな基本は先輩や上司からレクチャーを受けると思います。

でも、それはあくまでも基本で、

その後は相手に応じて自分で考え、自分で工夫します。

その工夫が足りず、レクチャーの通りにすれば「正解」と考えて仕事をすると

「いわれた通りにしているのに、なんで上手くいかないんだろう」

「上司は、毎回やり方や、説明のしかたが違うから、どうしていいかわからない」

と、悩むのかもしれません…

仕事は方程式のように「これが正解」という明確な基準はないと思います。

また、「正解」は1つではないと思います。

相手に応じて、無数の方法と無数の選択肢があります。

学校で学んだ方程式のような「正解」ではなく

相手に応じた無数の「正解」を見つけてみてはいかがでしょうか?


それでは、また来週…


皆さんは何か悩ましいことや、困ったときってどうされますか?

友だちに相談しますか?

思いっきりスポーツして体を動かしますか?

美味しいものを食べたりしますか?

私も友人や先輩方と会食しながら相談することが多いです。

でも、それと同じくらい本を読みます。

プレゼンテーション、話し方で悩んだときに読む本

経営について悩んだときに読む本

カウンセリングスキルを強化したいときに読む本

人とのコミュニケーションについて勉強したいときに読む本

沢山の方々の考えた方や、

経験談を読むのをとても参考になります。


私は今年に入ってから、本当に沢山の「課題」が出てきます。

内容は、会社の経営のこと、

周囲の方々との係わり合いの方など様々です。

その度に思考錯誤するのですが、中々クリアできません。

何がよくないのか

どうしたものか

本当に今の方法でいいのだろうか…

そう思ったとき読みたくなるのが

松下幸之助 著書

「道をひらく」

私にとってこの本はちょっと特別な本です。

この本は、松下幸之助氏が感懐をそのまま綴った一篇集で、

百二十篇が収められています。

この本を私は目次通り読んだことがありません。

この本を読みたくなったとき、適当にページを開きます。

すると、なぜか今の自分の心境にぴったりの内容が書かれています。

今朝も久しぶりに読みたくなってこの本を手に取りました。

適当に開いて表示された内容は



「根気よく」

どんなによいことでも、一挙に事が成るということはまずあり得ない。

また一挙に事を決するということを行えば、必ずどこかにムリを生じてくる。

すべて事は、一歩一歩成就するということが望ましい。

だから、それが良いことであればあるほど、

そしてそれが正しいと思えば思うほど

まず何より辛抱強く、根気よく事をつづけてゆく心がまえが必要であろう。

「徳、弧ならず」という言葉があるけれども、

これは正しいことはいつか必ず人々に理解してもらえるという意味にも通じる

しかし、これとても、いっぺんにというわけではない。

徐々にということである。

だから、いかに正しいと思うことでも、その正しさにとらわれて、いたずらにことを急ぎ

他を誹謗するに急であってはならない。

みずからの正誤を世に問うためにも

まずは辛抱強く、根気よく事をすすめてゆくという謙虚な姿がほしいのである。



正に、中々結果が現れず、

自分の思うような形が現れず、これでいいのかと思っていました。

でも、この文章を読んで、自分の仕事の関わり方、周囲へのPRの仕方を

もう一度考え直してみようと思いました。

自分のしていることが正しかどうかは、誰も分からないですよね。

ただ、していることに賛同されないと、今心が折れそうになります。

本当に、このままでいいのかなぁ

辞めてしまったほうが、簡単なときもあります。

でも、辞めたあと後悔するのでは…?

と思うのであれば、根気強く続けていくしかなさそうです。

どんなことでも、結果はすぐには出ません。

コツコツと、自分の信じることをしっかり向き合い、取り組んでいれば、

いつの日か必ず、思うような結果が現れるのではないでしょうか?

そんな日が来ることを信じ、

自分の力を信じ

根気強く今のことに取り組んでみてはいかがでしょうか…

それでは、また来週…


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

権堂 千栄実

Author:権堂 千栄実
権堂 千栄実

株式会社Campanula 代表取締役

キャリア・カウンセーであり、企業、学校機関、官公庁での研修講師

研修やカウンセリングを通して、働く方々や学生の悩みを解消できるようにご支援しております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。